最新情報

2015年12月7日
花粉症の症状
秋の花粉症によるブタクサの症状と対策方法とは
秋には花粉症の方が大勢現れますが、これはブタクサによる花粉症症状であり、ブタクサの症状は咳や吐き気を伴いやすく、対策のためには秋に美味しいキノコ類を食べて食物繊維を摂取する事やトマトジュースを毎日飲むと対策になります。
2015年12月5日
花粉症の薬
花粉症の薬は副作用で眠気や倦怠感が出る?対策方法とは
花粉症の症状で眠気や倦怠感で体がだるいと感じる事は多いですが、花粉症の薬を服用した時の副作用で現れる事があり、これは抗ヒスタミンで中核神経を刺激され睡眠や倦怠感の副作用が現れ、薬で体がだるいと感じた時の対策方法を紹介したので、対策を知りたい人は見てください。
2015年12月3日
花粉症の咳
花粉症の症状で咳と痰の対策に大根やパイナップルが有効?
花粉症によって咳や痰の症状が現れている方は、大根やパイナップルを食べる事で対策をする事が可能で、花粉症の症状で既に咳や痰が現れている人は、対策として天突や迎香のツボを押すと良いので、この記事と動画で紹介しています。
2015年12月1日
花粉症の薬
花粉症の薬は副作用で太る?体重増加の目安とは
女性の方は太る事を非常に嫌がりますが、花粉症の薬には体重増加の副作用があると報告されており、実際にどれくらい太るのかは下記の記事に紹介しており、花粉症の薬による副作用で食欲が上がり、体重を増加させたくない方は、是非とも見てください。
2015年11月29日
花粉症
花粉症対策の飲み物はお茶?食品のおすすめとは
我々が普段飲んでいる飲み物でも代表的なのがお茶ですが、実は花粉症対策に有効なお茶が存在しており、それははとむぎ茶やルイボスティーとされていて、この記事には花粉症対策に有効な食品や飲み物を沢山紹介しているので、是非とも見てください。

秋の花粉症によるブタクサの症状と対策方法とは

秋には花粉症の方が大勢現れますが、これはブタクサによる花粉症症状であり、ブタクサの症状は咳や吐き気を伴いやすく、対策のためには秋に美味しいキノコ類を食べて食物繊維を摂取する事やトマトジュースを毎日飲むと対策になります。

花粉症の薬は副作用で眠気や倦怠感が出る?対策方法とは

花粉症の症状で眠気や倦怠感で体がだるいと感じる事は多いですが、花粉症の薬を服用した時の副作用で現れる事があり、これは抗ヒスタミンで中核神経を刺激され睡眠や倦怠感の副作用が現れ、薬で体がだるいと感じた時の対策方法を紹介したので、対策を知りたい人は見てください。

花粉症の症状で咳と痰の対策に大根やパイナップルが有効?

花粉症によって咳や痰の症状が現れている方は、大根やパイナップルを食べる事で対策をする事が可能で、花粉症の症状で既に咳や痰が現れている人は、対策として天突や迎香のツボを押すと良いので、この記事と動画で紹介しています。

花粉症の薬は副作用で太る?体重増加の目安とは

女性の方は太る事を非常に嫌がりますが、花粉症の薬には体重増加の副作用があると報告されており、実際にどれくらい太るのかは下記の記事に紹介しており、花粉症の薬による副作用で食欲が上がり、体重を増加させたくない方は、是非とも見てください。

花粉症対策の飲み物はお茶?食品のおすすめとは

我々が普段飲んでいる飲み物でも代表的なのがお茶ですが、実は花粉症対策に有効なお茶が存在しており、それははとむぎ茶やルイボスティーとされていて、この記事には花粉症対策に有効な食品や飲み物を沢山紹介しているので、是非とも見てください。

花粉症の咳が止まらない夜と子供の危険は肺炎もありえる?

花粉症で夜の咳が止まらない子供や大人は鼻詰まりと鼻水を改善する事が大切で、これらは玉ねぎの硝化アリルが良いので、この記事では玉ねぎで夜の花粉症の咳が止まらない状態を治す方法を紹介しており、子供は肺炎の疑いもあるので詳細をお伝えしています。

花粉症で咳が出る理由と何科で診察を受けると良い?

花粉症によって咳が出る理由とは口呼吸によって外気の空気が喉を刺激するなど様々ですが、花粉症で咳が出る時は何科が良いのか疑問を持つ方は、内科がおすすめですが、他にも症状が出ている方にも何科がおすすめかこの記事は紹介しています。

花粉症の咳と痰が黄色の原因と何科の診察がおすすめ?

花粉症で咳はまだしも黄色の痰が出た方は、原因を知りたいと思う人が多いですが、実は花粉症で黄色の痰が出る可能性は低く、風邪やインフルエンザである可能性が高く、咳も風邪などで出ている可能性があり、何科に診察をすればいいか迷う方は、この記事を参考にしてください。

花粉症の症状で咳だけがひどい?原因は別の病気かも?

花粉症で咳だけがいつまでも治らずひどいという方は良くいますが、それが本当に花粉症の症状による咳なら2~3週間以内に治る事が多く、いつまでも続く方は、肺炎や気管支炎も考えられるので、この記事には原因と考えられる病気を挙げています。

花粉症の薬は副作用で肌荒れから湿疹と発疹を作る?

花粉症の薬で突然の肌荒れだけでなく湿疹や発疹などの副作用が現れる事があり、肌荒れやかゆみを伴う理由は花粉症の薬で交感神経が優位になり、血管が収縮するのが原因で、湿疹や発疹などの副作用は皮脂の過剰分泌が原因なので、治し方を紹介します。

このページの先頭へ