花粉症の薬は副作用で便秘と吐き気を伴う?腸内整腸の方法


やっとの思いで花粉症を防ぐ薬を手に入れたのに副作用で、便秘や吐き気の症状を伴う人は多いようです。


a95187cb9f48f566d4e9251b8046f543_s


今回はなぜ症状が現れるのか、原因をお伝えしたいと思います。

また花粉症の薬で便秘や吐き気の副作用が現れた時は、腸内整腸が有効なので、やり方を紹介していこうと思います。

花粉症の薬は便秘の副作用がある?


実は花粉症の薬を服用すると便秘の副作用が現れるのは本当で、これは花粉症の薬が含む「抗コリン作用」という成分が「アセチルコリン」の動きを封じるからです。

アセチルコリンは人間の副交感神経を刺激する働きがあります。

抗コリン作用で、アセチルコリンの動きが封じられて、副交感神経に情報が行かなくなるのが原因で、副交感神経はリラックス状態を作り、唾液・胃液・尿・便を促します。

しかし、花粉症の薬による副作用で、副交感神経が動かなくなると交感神経だけが動く事になります。

すると常に緊張状態が続き、リラックス状態にならないので、内臓気管の血管が収縮して胃や腸の働きが悪くなる事で便秘に繋がるので、花粉症の薬で副作用は出ます。

実際に花粉症の薬を服用し続けた人で、便秘が酷い人は一週間に1回の排便しかしない人もいて、便秘になる方は結構多いようです。

もう一つ花粉症の薬による副作用ではなく、宿便とも言えます。

便秘で溜まるのが宿便ですが、宿便は食べ物の残りカスで、排出しきれてず腸内に残り、腸の動きを悪くする存在です。

しかも、人間の体温の中、宿便となる食べ物が存在すると腐ります。

腐った宿便は有害なガスを発生させ、これを腸から血液で全身に吸収させるため、便秘や吐き気を伴う事があり、宿便は腸壁を傷付ける事もあります。

その時の傷が原因で、アレルギー物質を吸収して、花粉症を発症する原因を作るため、花粉症の薬による副作用が便秘の原因と言い切れないのも現状です。

スポンサードリンク


吐き気の副作用も現れる?


花粉が口や鼻の中に入り、唾液で胃の方にまで花粉が流されるとアレルギー反応が出て、吐き気の症状で追い出そうとする事はあります。

しかし、花粉症の薬による副作用で、吐き気を伴うケースも存在します。

これは便秘が関係している事もあり、便秘だと宿便が腸内に残り続けるため、食べ物を摂取しても胃の中に行き場が無く、仕方なく吐き出そうとします。

そのため、花粉症の薬で吐き気の副作用が出る事もあります。

基本的に花粉症の薬による抗コリン作用が原因で、やはり副交感神経を刺激されないため、唾液や胃液も分泌されなくなるため、吐き気を促します。

抗コリン作用は副交感神経の動きを封じるため、自律神経失調症の原因にもなります。

やはり花粉症の薬を服用すると副作用で、交換神経が常に優位になるので、自律神経が乱れ、気分の悪さや吐き気を伴うようです。

実際に花粉症の薬を服用した方で、気分の悪さを訴える方がいます。

もしも吐き気の副作用が出た時は、水を飲むのは控えた方が良く、やはり水を飲んでも吐く恐れがあるため、症状が治まってからが良いです。

内科に診察をするのが良く、花粉症の薬は一旦服用を控えましょう。

便秘には腸内整腸が有効?


花粉症の薬を服用した際に便秘が現れた時は腸内整腸が重要で、腸内整腸をすると副作用が良くなり、薬に頼る必要が無くなり、腸内の環境が免疫の6割を占めています。

そのため、腸内が良ければ、花粉症は治るので腸内整腸の方法を紹介します。

便秘の改善方法

朝食を控える
コーヒーを飲む
噛む回数を増やす
バナナを食べる

以上が便秘の改善方法です。

実は朝食を控えて、腸内を休ませる事で、便を排出する時間を与える事が可能で、食べ物をこの時に入れると消化に時間が掛かり、宿便を排出出来ないからです。

そのため断食という事で、腸内を休ませて消化の時間を与えましょう。

また薬の副作用で便秘がある時は、コーヒーを飲みましょう。

コーヒーは「カフェイン」を含み、胃液を分泌させて、便秘の改善にもなるので、花粉症にも有効であり、腸内整腸を擦る事が可能です。

そして、噛む回数を増やして、消化の負担を下げるのも良く、一口最低でも20回を目安に噛むようにしましょう。

またバナナは食物繊維が豊富なため、花粉症の薬で便秘になった時に有効で、副作用が出た時はバナナを食べるとビフィズス菌で、腸内の善玉菌が増えます。

すると便通が良くなるので、毎日1本は最低食べると良いでしょう。

吐き気の改善方法


花粉症の薬による副作用で、吐き気が現れた時は、取り合えず花粉症薬の服用を控えるべきで、吐き気はこれで良くなっていきます。

吐き気がある時は食事を控えるのが良く、生姜湯を飲むと有効です。

生姜は吐き気を抑える効果があり、免疫力を高めて花粉症にも効果的で、生姜小1に熱湯100㏄を注ぐと完成します。

これを1日2杯飲むのが良く、吐き気がある時は安静にしましょう。

以上で花粉症の薬と副作用について終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ