花粉症の薬は副作用で下痢や胃痛が現れる?治療方法とは


不快な花粉症から身を守るために薬を服用する方が多いですが、副作用で下痢や胃痛を訴える方は多いようです。


68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s


今回はなぜこれらの症状が副作用として、現れるのかお伝えします。

また花粉症の薬で下痢や胃痛が、現れた時に有効な対処方法や治療方法があるので、紹介していこうと思います。

花粉症の薬で下痢の副作用が現れる理由


私たちが普段、何気なく飲んでいる花粉症の薬には、効き目は強いのですが、胃の中に入ると強い刺激を与えて、下痢の副作用が現れる事があります。

花粉症の薬が「中枢神経」を刺激してしまうのが原因です。

中枢神経とは脳と脊髄を現しており、知覚・運動・自律機能などの中核神経をどう動かすか、指令を出すのが中核神経と言えます。

また全神経の動きを把握していて、音声や反射の機能もこの部位が指令しています。

花粉症の薬では中枢神経が刺激されるため、運動の神経などに刺激が与えられ、下痢の副作用が現れる事があるので、花粉症の薬で下痢の副作用が出る事はあります。

腸内に動くように刺激が働いた時ほど、その傾向があり、神経に与える情報や信号が不自然になる事から発症します。

抗ヒスタミン薬の効果が強い程、下痢の副作用は現れがちです。

そのため花粉症の薬を服用した際に下痢の副作用が現れた方は、効き目の弱い花粉症の薬に変えるのも良く、効果は個人差があるので、試す価値はあります。

基本的に口や鼻から花粉が入り、唾液で胃まで流されると花粉を追い出そうと胃が動き始めて、胃酸を過剰分泌させて、下痢の副作用を伴うケースもあります。

スポンサードリンク


薬の副作用は胃痛を伴う?


花粉症の薬には「抗コリン作用」という効果があり、これは「アセチルコリン」という人間の副交感神経に情報や刺激を与える成分を抑制する効果があります。

副交感神経の働きは、人間をリラックスさせて、便・唾液・尿などの排出を促す効果を持ちます。

しかし、花粉症の薬を服用すると常に交感神経が刺激され、常に緊張状態で胃液も分泌されないため、胃痛・胸焼け・便秘などが続きます。

やはり胃液は腸内に食べ物が入った時に消化を促す効果があります。

しかし、花粉症の薬を服用すると胃液が分泌されにくくなり、食べ物を消化出来ない状態が続き、便秘になり、宿便が溜まるため胃の粘膜が傷付けられ胃痛を伴います。

宿便が胃痛の副作用の原因となり、宿便とは消化できていない食べ物のカスです。

これが人間の体温の中で宿便が残ると腐り、有害なガスを発生させるのですが、それ以上に宿便が腸壁にへばり付き、腸壁に傷が付き、胃痛の副作用を伴う原因となります。

花粉症の薬を服用して、便秘になった方ほど胃痛の副作用が現れがちです。

また腸内は免疫の6割を占めており、実は花粉症というのは便秘が原因とされており、やはり腸内が頑丈で綺麗だとアレルギー物質を吸収しないようです。

つまり腸内を綺麗にすると胃痛や下痢を良く出来ます。

下痢と胃痛の治療方法


花粉症の薬を服用している方は、下痢や胃痛を防ぐため、花粉症の薬を一度控えるべきで、症状の治療方法を紹介するので気になる人は見てください。

下痢と胃痛の改善方法

水を多めに飲む
刺激物を避ける
食事は控える
ヨーグルトを食べる
お腹を反時計回りに撫でる

以上が花粉症の薬で副作用が出た時の治療方法です。

まず下痢の際は体内の水分も外に出て、脱水症状を伴う危険があるので、水を積極的に飲むのが良く、胃痛だけの人は普段通りに水を飲みましょう。

やはり胃痛がある人は、水を多く飲んでも胃の中が荒れる危険性があります。

また下痢や胃痛を悪化させる刺激物の炭酸飲料・お酒・食物繊維・冷たい飲み物・コーヒー・香辛料は控えないと悪化する恐れがあります。

花粉症の薬で下痢や胃痛の副作用が出た時は、症状が良くなるまで食事を控えて、胃の中の荒れを治しましょう。

症状が回復してきたら、ヨーグルトを食べると良いでしょう。

ヨーグルトは整腸作用があり、ビフィズス菌が善玉菌を増やして腸内が良くなるので、下痢や胃痛の症状に良く、免疫力も上がるので花粉症にも有効です。

毎日食べ続ければ花粉症の薬に頼らずとも花粉症を予防出来ます。

また下痢や胃痛の副作用がある時はお腹を反時計回りに撫でるのが良く、ゆっくりと3分程撫でると胃の中の動きが緩やかとなり、胃痛の痛みを軽減出来ます。

以上で薬の副作用について終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ