花粉症の薬は副作用で眠気や倦怠感が出る?対策方法とは


鼻水や目ヤニなどの厄介な症状が現れる花粉症は、薬を服用して対策を取る方が多いですが、副作用で眠気や倦怠感から体がだるいと感じる人もいます。


0ef4f8f1146343de77f18c6dfef56143_s


今回は体がだるいと倦怠感を感じる原因などをお伝えします。

また花粉症の薬で眠気を感じる人が、どのような対策を取れば症状を良くする事が出来るのか、分かりやすく説明していきます。

花粉症の薬で眠気が現れる?


実は花粉症の薬は基本的に抗ヒスタミンというアレルギー反応を引き起こす
「ヒスタミン」と呼ばれる成分を抑える働きがあり、薬で花粉症の発症を抑えます。

しかし、デメリットもあり、服用した際は中核神経も刺激されてしまいます。

副作用で眠気が現れるのは、ヒスタミンは本来「ヒスタミン神経」という部位が他の神経に情報を伝えてくれており、脳を昼に目覚めさせる役割をしています。

ですが、花粉症の薬を服用して、ヒスタミンが動かなくなるため、昼でも眠気の副作用が現れるのです。

特に大人の方が眠気の副作用が現れやすい傾向にあり、子供の場合は花粉症の薬を服用しても興奮作用という形で現れやすいです。

また花粉症の薬を服用すると副作用で、「グレリン」が分泌されます。

グレリンは成長ホルモンの一つで、食欲を増進させる力があり、満腹中枢への刺激を弱くして、脂肪の燃焼効果を抑えるのが主な活動です。

副作用でグレリンが出ると必要以上に食べ物を食べてしまいます。

当然ながら、消化に負担が掛かり、眠気・だるい・倦怠感を感じるようになり、これは食べ物を消化するため、全身の血液が胃に送られて、脳の働きが悪くなるからです。

本来はグレリンを抑えるレプチンが不足している状態になっています。

レプチンは食欲を抑える働きを持ち、睡眠を取ると分泌され、眠気・だるい・倦怠感を感じる時におすすめです。

スポンサードリンク


倦怠感でだるいと感じる理由


まず花粉症の薬で眠気や体の倦怠感でだるいと感じる原因とは言い切れず、副作用ではなく、花粉症でも眠気や体の倦怠感を感じる事があります。

特に鼻詰まりを発症している方は、当てはまりやすいです。

鼻詰まりだと鼻呼吸が出来ず、口呼吸となりますが、これでは脳に充分な酸素が行かないため、酸欠不足となり、体がだるいと感じます。

また脳に優先的に酸素を送るので、体の酸素が減少して、花粉症で体の倦怠感や眠気を感じるようになります。

しかし、花粉症の薬であれば、眠気・倦怠感・体のだるさ以外に喉の渇きなどを感じる事があるようです。

また実際に花粉症の薬で眠気や倦怠感が現れた人は、頭がボーっとしてやる気が無くなったと語っており、体のだるさ以外にも副作用があるようです。

大きな原因を挙げるとやはり抗ヒスタミンが眠気や倦怠感の原因でしょう。

中核神経が刺激される事で、眠気と同時に倦怠感で体がだるいと感じる機会が増えるので、花粉症の薬で副作用が出た時は、素直に寝た方が良いです。

また花粉症の薬では抗コリン作用で、アセチルコリンが機能しません。

アセチルコリンは副交感神経に刺激を与えるのですが、刺激が無くなる事で、副交感神経が働かず、便・尿・唾液の分泌が副作用で減少します。

この状態では胃液が少なく、食べ物を消化出来ずに便秘となり、消化のため、酸素も消化器官に行くので、眠気・倦怠感・体がだるいと感じる原因と言えます。

眠気や倦怠感の対策方法


花粉症の薬で眠気や倦怠感で体がだるいと感じる方は、副作用を消すためにまずは
花粉症の薬を控えるのが対策となります。

また副作用で体がだるいと感じた時は、以下の対策方法で良くなります。

眠気や倦怠感に有効な対策

薬は変える
晴明を押す
ココアを飲む
寝る前は水を飲まない
食事はよく噛んで食べる

以上が眠気や体の倦怠感の対策方法です。

花粉症の薬は副作用が少ないザイザルに変えるのが良く、ザイザルなら眠気や倦怠感もある程度良くなります。

エピナジオン・アレグラ・アレロックは眠気や倦怠感の副作用が出やすいという報告が多いため、控えた方が無難です。

人間には「晴明」というツボがあり、ここを押すと眠気や体がだるい時の解消法となり、いつでもできる対策方法なので、動画を参考に刺激してください。








そして、寝る前の3時間前ぐらいには、ココアを飲むと良いです。

ココアはリラックス作用があり、睡眠の質が良くなるため、眠気や倦怠感などの体がだるいという感じを取り除く作用があり、薬の副作用に対策が出来ます。

また部屋を暗くして寝ると睡眠の質は高まり、花粉症の対策になります。

しかし、寝る前に食べ物や水を摂取すると睡眠の質が落ちてしまうので、対策として寝る前の3時間前から飲食を止めると眠気や倦怠感に有効です。

そして、花粉症の薬では食欲が増して、どうしても必要以上に食べてしまいます。

そんな時は副作用の対策として、食べ物を最低20回は噛むようにして、満腹中枢を刺激するような形にすれば、摂取量は減り、体がだるい時の対策になります。

また土壇場で眠気や倦怠感の副作用が出た際は、コーヒーを飲むのがおすすめです。

以上で花粉症の薬による副作用と対策について終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ