花粉症の薬は副作用で太る?体重増加の目安とは


花粉症を発症した方は薬を購入するか、あるいは病院で処方される方など様々ですが、副作用があると聞いた方もいるかもしれません。


cc7caca6d0f37e0f0f70f2f3b26e336e_s


服用すると太るという噂があり、今回は本当に体重増加されるのかお伝えします。


まずは花粉症の薬で現れる副作用について解説して、次に本当に太るのか真意を説明するので、体重増加が気になる方は見てください。

花粉症の薬と副作用


残念ながら花粉症を発症してまったという方は、薬の服用を考えると思いますが、その前に副作用を知りたいと思うので紹介します。

薬の副作用

眠気
めまい
体のだるさ
頭痛
食欲増進

以上が花粉症薬の副作用となります。

眠気が現れる方は非常に多く、薬を服用してからは体もだるいというケースが多いため、なるべくに飲む事がおすすめされます。

やはり花粉症で辛いだけでなく、体も副作用でだるいので、睡眠を取りましょう。

まためまいが現れると分かっており、そんな時はすぐに横になるのがおすすめで、仕事中に花粉症の薬は飲みたくないものです。

その他に頭痛が現れる事もあり、酷く痛い時は、静かなところで過ごしましょう。

頭痛は音や光などの刺激で強く痛みを伴うと分かっているため、暗くて静かな部屋で横になった状態で、花粉症薬の副作用が治まるのを待ちましょう。

基本的にはアレグラが副作用が少なくておすすめです。

スポンサードリンク


食欲増進効果で太る?


花粉症の薬を服用してから実際に体重増加したという方が多くいて、特に太る事にシビアな方には非常に辛いと思います。

なぜ太るのか、それは抗ヒスタミン薬の副作用で「グレリン」が分泌つされる事が原因とされています。

グレリンは成長ホルモンの一つであり、副作用は脂肪の燃焼を抑える働きと人間が食事を取る際に反応する満腹中枢への刺激が無くなる事が原因です。

満腹中枢が刺激されにくくなる副作用で、必要以上に食べて太る事が判明しました。

花粉症の薬で太る理由は他にもあり、グレリンが分泌されると食欲増進の副作用があると判明していて、花粉症の薬で太るのは嘘ではないようです。

また花粉症の薬で副作用で、眠気が現れる事が多いです。

実はグレリンは睡眠時間が短いと分泌されやすい成分で、服用した後に眠くなった方は、無理して、起きるのではなく、しっかり寝ると良いです。

そうするとグレリンの対極の存在であるレプチンが分泌されます。

レプチンが分泌されると食欲減退の効果があり、この二つのバランスが花粉症の薬による副作用で崩れるため、太ると分かっています。

そのため副作用で眠い時に睡眠を取ると太る事を回避する事に効果的で、最低でも7時間は睡眠を取りましょう。

実際に1日5時間しか寝ない人は1.5倍太りやすいと判明しています.

食欲減退効果を持つレプチンは睡眠を取ると確保できるので、十分に寝ましょう。

体重が増加する薬とは


今から花粉症の薬で副作用が現れ、太ると分かっているものを紹介するので、体重増加を気にする方は確認する事をおすすめします。

体重が増加する薬

アレロック
サジテンカプセル
ザイデル錠
ジルテック錠
アレグラ

以上5つは体重増加するという報告があります。

花粉症の薬の中でも特に太ると噂となったのは、アレロックとされており、実際に服用した方は5㎏体重が増加したという方がいます。

他にも2~3㎏太った方や5㎏体重が増加した人などがいるようです。

逆に花粉症の薬は副作用が原因なので、アレロックの服用を辞めると8~10㎏痩せたという方もいるので、体重増加を気にする人は飲まない方が良いかもしれません。

基本的にアレロックの副作用が現れる確率は0.1%未満ですが、その割には太る方が多い感じに見えます。

また花粉症の薬の中でも副作用が少ないとされるアレグラも服用してから、1ヵ月で2.5㎏体重が増加した方もいるようなので、太るようです。

基本的に太るかどうかは、薬の添付文章で分かるようです。

やはり食欲が上がったということで、必要以上に食べて太る方は多いので、体重増加を抑えるためにもよく噛んで食べましょう。

花粉症の薬で体重増加を気にする方は、これら以外の種類で対策を取るのが有効ですので、睡眠をしっかりと取り、生活するようにしましょう。

以上で花粉症の薬による副作用と食欲について終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ