花粉症の薬は副作用で肌荒れから湿疹と発疹を作る?


花粉症の薬を飲み始めてから、肌にかゆみが現れて肌荒れを訴える方が多く、湿疹や発疹などの症状を伴う方もいるようです。


1d063d917e416053291eb778c191265c_s


今回はなぜ、かゆみや肌荒れに繋がるのかお伝えします。

また花粉症の薬を服用して、湿疹や発疹の症状が現れやすい時間なども説明するので、症状で困っている人は見てください。

花粉症の薬で肌荒れを引き起こす理由


人間が生命を維持出来ているのは、交換神経と副交感神経のバランスが取れているのが理由で、交換神経は緊張状態を作り、活動時に活性化します。

対して副交感神経は、人間をリラックスさせて、尿・便・唾液を分泌させます。

花粉症の薬で肌荒れの副作用が現れるのは、交換神経と副交感神経を支配している自律神経を乱れさせるのが原因で、花粉症の薬には「抗コリン作用」があります。

この副作用は副交感神経に情報を伝える「アセチルコリン」を抑制するのが役割です。

花粉症の薬による副作用で副交感神経に情報が伝わらず、機能しなくなる事から、交換神経だけが優位になり、肌荒れに繋がるのです。

交換神経が常に優位だと血管が収縮して、血流が悪くなります。

そうなると肌に酸素と栄養が届かなくなり、肌荒れに繋がるので、花粉症の薬を服用した際に肌荒れの副作用が出る事は普通なのです。

スポンサードリンク


湿疹や発疹が出来る理由


花粉症の薬を服用すると抗コリン作用が現れ、副交感神経が機能しなくなるため、交感神経が優位になり、ホルモンバランスが崩れ副作用に繋がります。

ホルモンバランスが崩れると肌の水分と皮脂のバランスが崩れ、肌荒れに繋がるだけでなく、敏感肌の原因になります。

また交感神経が優位だと皮脂が分泌され続けます。

敏感肌の状態に過剰分泌された皮脂が出ると肌荒れだけでなく、発疹・湿疹・ニキビなどの症状が現れるので、花粉症の薬で副作用が現れるのは真実です。

湿疹や発疹は赤いプツプツした皮膚炎で、かゆみを伴うのが特徴です。

また花粉症の薬による副作用だけが原因とは言えず、湿疹や発疹などは花粉症事態が原因とも言えるでしょう。

やはり花粉が肌に付着すると肌荒れやかゆみだけで終わらず、湿疹や発疹に繋がるケースは非常に多いです。

特に顔・首・手・腕などの露出された部分は、花粉が付着するため、肌荒れやかゆみが現れやすいのです。

また花粉症の薬を服用すると敏感肌になりがちなので、かゆみだけでなく湿疹や発疹などに悪化しがちなので、花粉を防ぐように意識して過ごしましょう。

肌荒れしやすい時間と治療方法


実は花粉症の薬で肌荒れなどの副作用が出やすい時間帯があり、それは夜の時間帯と睡眠時で、これらの時間帯は副交感神経が働きがちです。

やはり静かな時間帯で、リラックスするため、副交感神経が働くのです。

朝目覚めると肌荒れだけでなく湿疹や発疹が出来ている事があり、副交感神経は体の不調を修復する役割があるため、湿疹や発疹などが出来てしまうのです。

肌荒れを治すためには花粉症の薬を控えるべきです。

それ以外には花粉症の薬を変えるのが良いのですが、やはり種類を変えても別の副作用が出る事はよくあるので、事前に調べて選びましょう。

また湿疹や発疹などの肌荒れが出来ている人は、納豆を食べるべきです。

実は納豆を食べ続けると花粉症対策効果が期待出来て、花粉症の薬は必要なく、肌荒れなどの副作用を心配する必要も無くなります。

納豆は「ムチン」というネバネバ成分を含んでいます。

ムチンは目・皮膚・口内などの至る体の部位を覆い、花粉などのアレルゲンから身を守る作用があり、花粉症の肌荒れやかゆみを防いでくれます。

また納豆はビタミンBを多く含むため、皮膚の再生を促すため、湿疹や発疹も早く治る効果が期待出来ます。

しかし、花粉が付着するのは良くないので、出かける際はマフラー・ゴーグル・防止・長袖・手袋を着用しましょう。

以上で花粉症の薬と副作用について終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ