花粉症の薬は副作用で症状が出る?対処の取り方とは


花粉症の症状を良くするために薬を服用する方は非常に多いですが、実は副作用で体調不良を伴う事があります。


cdce98519c99f356f2404a11491ac46b_s


今回は副作用でどのような症状が出るか、紹介したいと思います。

また花粉症の薬を飲んで体調不良になった時の対処法があるので、困っている人は是非とも試してください。

花粉症の薬による症状


実は花粉症の薬を服用して副作用の症状が出たという報告は非常に多くあり、今から現れる体調不良を紹介したいと思います。

花粉症の薬で現れる症状


眠気
微熱
口の乾き

太る
むくみ
肝臓の悪化
下痢
便秘
吐き気
倦怠感
めまい
味覚障害
肌荒れ
頭痛

以上が花粉症の薬を服用した時の副作用です。

これらの症状は花粉症の薬を服用した時に自律神経が乱れる事で現れるのが基本で、自律神経は交換神経と副交感神経が存在します。

交換神経は人間の体を緊張状態にさせて、副交感神経はリラックス状態を作ります。

花粉症の薬を服用すると抗コリン作用が現れ、この副作用はアセチルコリンという副交感神経に情報を伝える成分を抑えます。

そのため、副交感神経が働かなくなり、交換神経が優位になる事で症状が現れるのです。

花粉症の薬でこの副作用が現れた時は、熱・頭痛・味覚障害・むくみ・口の乾き・下痢・便秘・吐き気・肌荒れ・味覚障害などの症状が現れます。

これは自律神経の乱れが原因で、交換神経は昼頃に優位となっており、体温を高める働きがあります。

そして、副交感神経は夜に優位となり、体を休める事から体温を下げます。

花粉症の薬による副作用で交換神経が優位となる事から、体温が上がる事で微熱に繋がり、微熱で血管が収縮する事から頭痛に繋がります。

副交感神経は唾液や便の排出を促すので、唾液不足から味覚障害の症状や便秘やむくみの副作用に繋がります。

また花粉症の薬を服用するとグレリンを分泌します。

グレリンは食欲を増進させて、満腹中枢の刺激を抑えるため、必要以上に食事を取るという副作用となり、太る事に繋がります。

以上のように花粉症の薬で副作用の症状は沢山現れます。

スポンサードリンク


花粉症の薬で症状を出さない方法


現在、花粉症の薬を服用した方で、副作用が現れている人は、花粉症の薬を別の種類に変えるか、その他には服用を控えるというのが良いです。

ちなみに副作用の症状は、個人差で大きく変わるようです。

また花粉症の薬で成分が強く効果が高い種類ほど、副作用の症状が現れやすいので、そこを考慮して種類を選ぶべきです。

しかし、花粉症の症状を治したいため、薬が服用出来ないのは困ると思います。

そんな方は、毎日バナナを食べるのがおすすめであり、バナナは豊富な食物繊維で腸内を綺麗にする作用があり、腸内は免疫の6割を占めています。

そのため、免疫が強ければ花粉症の症状が出る事はありません。

花粉症の薬を服用すると副作用が現れるので、その場凌ぎにしかならないので、毎日バナナを食べるのが良く、1日1本を最低目安として食べましょう。

実際にバナナを毎日食べている方は、花粉症に強くなったという報告があります。

しかし、バナナは最低でも2~4週間食べ続けないと効果が現れないので、毎日欠かさず食べる事が重要となります。

ちなみに花粉症の薬の中でも「アレロック」は副作用の症状が現れた報告が多いので、注意して服用しましょう。

以上で副作用の症状について終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ