花粉症の薬で眠気や喉が渇く時の対策は意外と簡単?


花粉症の季節を凌ぐために服用していた薬が裏目に出て、眠気や喉が渇くといった症状が出る方は非常に多く、今回はなぜこのようになるか説明します。


e490160decba66f3c8ef6c7dc48da318_s


また症状が現れた時の対策方法を紹介していきます。


最初になぜ花粉症の薬で眠気や喉が渇くといった症状が現れるのか説明して、次に対策方法を紹介するので、気になる方は見てください。

薬で眠気や喉が渇く理由とは


花粉症の薬には抗ヒスタミンというアレルギー反応の原因である「ヒスタミン」を防ぐ効果があり、この薬を飲むと中核神経を刺激します。

すると花粉症が良くなりますが、ヒスタミンは眠気と関係しています。

ヒスタミンの成分を使いあらゆる神経に情報を繋げる「ヒスタミン神経」があり、昼は脳を目覚めさせるようにしていて、脳を活性化させる役割があるのです。

花粉症の薬でヒスタミン機能が停止して、眠気を誘うようです。

しかし、個人差があるとされていて、花粉症の薬を服用した大人と子供を比較した際は、子供の場合ほとんど眠気が現れず、大人は眠気が現れる人が多いようです。

実は子供は眠気よりも興奮作用として、ヒスタミンが現れやすいようです。

また花粉症の薬で喉の渇きが現れる事もあり、これは「抗コリン作用」という成分を含んでいるのが原因で、薬によって含有量が異なります。

この抗コリン作用は唾液を分泌を少なくする事から、喉が渇くとされています。

人間は「アセチルコリン」という副交感神経を刺激する成分を持っていて、副交感神経を刺激されるとリラックス状態となり、唾液・胃液・尿・便などが出ます。

しかし、抗コリン作用はアセチルコリンを抑えるため、唾液が分泌されなくなるので、花粉症の薬で喉の渇きが出るのです。

スポンサードリンク


眠気対策に有効な方法


花粉症の薬ではやはり、眠気が出る事が多いため、仕事をしている最中などに症状が現れると大変なので、以下の対策を行いましょう。

眠気の対策方法

薬を変える
食事の量を減らす
コーヒーを飲む
ツボを押す

以上の方法が薬で眠気が出てきた時の対策方法です。

もし眠気が酷いという方は花粉症の薬を変えるのが手っ取り早く、エピナジオン・アレグラ・アレロックはかなり眠くなると言われています。

クラリチンを服用した方は、あまり眠くなかったそうです。

本来アレグラは眠気の副作用が少ないと言われていますが、服用する人によっては強い眠気が伴うようです。

最近は「ザイザル」という花粉症の薬が良く、ザイザルはアレグラの半分以下の眠気で済むとされております。

ちなみに薬が強さで、眠気も強くなる傾向があります。

花粉症予防効果も高いとされているので、ザイザルの薬に変える対策が有効で、花粉症の薬は寝る前に飲むと眠気が来ても仕事中は眠たくないので有効な対策です。

また食事の量を減らすという対策方法があります。

人間は食べ物を消化するために睡眠を取っており、逆に食事の摂取量が少ない場合は、眠気があまり来ないので、花粉症の薬を服用している方におすすめの対策方法です。

その他にコーヒーを飲むのもおすすめで、コーヒーはカフェインを含んでいます。

カフェインは脳を覚醒させて、眠気を飛ばす作用があるので、花粉症の薬を飲んだ後に眠気が来た人は、対策としてコーヒーを飲むと良いでしょう。

また育児や仕事中に花粉症の薬で、眠気が出た時の対策は「晴明」という眠気を改善するツボがあるので、以下の動画を参考に押してみてください。







喉が渇く時に有効な対策


花粉症の薬で喉が渇く症状が現れた時にも有効な対策が沢山あるので、今から紹介する方法を実践して、改善してみましょう。

喉が渇く時の主な対策

マスクをする
窓を閉める
うがいをする
マフラーをする
噛む回数を増やす
唾液線をマッサージする

以上が花粉症の薬で喉の渇きが現れた時の対策方法です。

マスクをすると外気の乾燥した空気を吸いこまず、湿った空気を取り入れるため、喉が渇くのを抑える事が可能で、窓を閉める方法も同じ理由で対策となります。

またうがいをする事で、喉の渇きを改善するというのも有効です。

唾液が上手く分泌されるには、1日の水分摂取量を1.5~2ℓ飲むのが良く、こうすると唾液が上手く分泌されるので、花粉症の薬を飲んでいる方は守りましょう。

そして、マフラーやタートルネックを着用するのも良いです。

首元を温めると喉が渇くのを防ぐ作用があるので、花粉症の薬で喉の渇きが現れている人におすすめの対策方法となります。

また噛む回数を増やすと唾液が分泌されて、喉が渇く時の対策になります。

1回噛むに連れて30回を目安に噛むのがおすすめで、花粉症の薬を服用している方は、ガムやするめを噛んでみるのも良いでしょう。

実は人間には唾液線という部位があり、ここを刺激すると唾液を分泌して、喉が渇く時の対策になります。

主に耳下腺・顎下腺・舌下線の3つがあり、この3つを刺激すると対策になるので、花粉症の薬を服用している人は、以下の動画を参考にして刺激してみましょう。







以上で花粉症の薬による眠気と喉の渇きを対策する方法について終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ