花粉症対策の食品や食べ物にいちごやレンコンが効果的?


花粉症の鼻水や咳で困りたくないと考えている方は、食品や食べ物で対策をしようとする方もいますが、実はいちごやレンコンが有効です。


6065f5799b39e4d1dcb6cb3c71dfe130_s


今回はこれらの食品の効能をお伝えします。

まずは花粉症対策に有効とされるいちごの効果を説明して、次にレンコンの効能を紹介するので、是非とも見てください。

花粉症対策にいちごが有効な理由


基本的に花粉症対策にいちごが有効な食品とされる理由は、3つあるとされており、一つはいちごの成分を検査して分かった「GAPDH」という酵素が有効なのです。

この成分はアレルギーの原因である「IgE抗体」を減少させるようです。

実際にアレルギーを持ったマウスに1日1回いちごの抽出液を100マイクロ・グラム摂取させると一週間後にアトピーや鼻炎が改善されたようです。

この事からいちごは花粉症対策に有効な食品と言えます。

しかし、マウスに摂取させたいちごの量を体重60㎏の人に変換すると1日に「とよのか」を20個以上食べさせて、一週間継続させる必要があります。

いちごは品種により花粉症対策効果に違いがあり、食品の中でも「とよのか」はIgE抗体が22.3%減少して、「あまおう」は16.7%減少したようです。

1日に摂取するべきいちごの量は15~20個がおすすめとされています。

また花粉症対策の食品にいちごが良いとされる2つ目の理由は、水溶性食物繊維の「ペクチン」にあり、ペクチンは体内の水を吸収して膨張する食物繊維です。

そのため便秘を改善して、整腸作用があるとされています。

腸内が綺麗になると善玉菌が増えて免疫力が上がるので、花粉症対策に有効な食品と言える理由の一つで、いちごはペクチンを多く含んでいます。

3つ目の理由は、いちごが果物の中で「ビタミンC」が最も多い食品だからです。

実はいちごは100g中に50~100mgのビタミンCを持ち、ビタミンCは免疫力を上げるため花粉症対策に有効で、1日いちごを7~8個で1日のビタミンCが補えます。

スポンサードリンク


レンコンが食べ物におすすめな理由


花粉症対策の食べ物でレンコンがおすすめな理由を挙げていくので、花粉症対策を食べ物の摂取で行う方は是非見てください。

レンコンの効能

ヒスタミンの抑制
免疫力強化
粘膜の強化
腸内の整腸

以上の4点が花粉症対策に有効な食べ物と言われる理由です。

まず花粉症の原因とされている「ヒスタミン」をれんこんは大きく抑制すると判明しており、対策に有効な食べ物とされる理由の一つです。

また豊富な「ビタミンC」で免疫力を強化する作用がある食品です。

れんこんの中でも特徴的なのは、ポリフェノールの一種とされるタンニンが有効で、タンニンは活性酸素という人間を老化させて、免疫力を下げる成分を除去してくれます。

すると免疫力が上がり、花粉症対策に役立つ食べ物と言えます。

そして、れんこんは「ムチン」というネバネバ成分を含み、ムチンはそのネバネバで鼻・目・口内・腸内などを覆い、花粉症などのアレルゲンを防ぐ作用があります。

つまりれんこんを食べると防御機能が上がり、花粉症対策の食べ物におすすめとされているのです。

またれんこんは豊富な食物繊維を含む食べ物で、摂取すると腸内が整腸されて、綺麗になるので、善玉菌が増えて、免疫力が高くなる事から花粉症対策に役立ちます。

花粉症対策に役立つ食べ物


実は花粉症対策に有効な食品は、いちごやれんこんだけでなく、例えばいちごと言えばフルーツなので、果物で例を挙げるとグレープフルーツやバナナが当てはまります。

これらの食べ物を毎日食べると花粉症対策に役立つとされています。

そのためいちごだけが有効ではないので、自分が好きな果物を食べるのがおすすめなので、食品を充分に選びましょう。

特にれんこんを毎日食べるのも苦痛だと思います。

れんこんが花粉症対策に有効な理由の一つであるネバネバ成分「ムチン」は、含んでいる食べ物が多く、納豆・なめたけ・オクラ・山芋なども含んでいます。

そのため他にも沢山の食品があるので、いろんな物を食べましょう。

以上で花粉症対策に有効な食品と食べ物について終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ