花粉症の2016年はいつから対策するべき?予防方法とは


いよいよ2016年も花粉症の時期がやってきますが、実際にはいつから期間に入るのか、分からない方もいるので、今回は詳細を説明します。


14b355b130fb0dacc9e9e800b67f674b_s


またおすすめの対策方法も紹介するので、是非とも見てください。

最初に花粉症の2016年シーズンはいつから始まるのか説明して、次に有効な対策方法を紹介するので、是非実践してください。

花粉症と2016年の時期


基本的に花粉症の時期は1~4ヵ月がシーズンですが、2016年の場合もスギ花粉は2月辺りから現れます。

しかし、ヒノキ花粉に関して説明する2016年も1ヵ月遅れるようです。

花粉症は1月に患者が少し現れ、2月にそこそこ患者が増えて、3月をピークに最も増えるという傾向にあります。

2016年の花粉症はいつから始まるのか、それは例年の同時期か、やや早めに訪れると予想出来るので、早めの対策が必要になるかもしれません。

特に四国・九州・東海地方は2月上旬から、花粉シーズンに入る可能性があります。

また2016年は2~3月の気温が例年より高いため、西日本と東日本は花粉が飛沫する時期が早いと予想されており、北日本は気温に変化がないと予想されています。

そのため2016年は、北日本は2015年と同じ予想とされています。

また関西・関東の方面は2月1~20日が花粉シーズンとされており、東北は2月10~30日の間に掛けてシーズンに入るでしょう。

2016年はいつから花粉のシーズンなのか、分からない時はニュースを見るのも良いと思います。

基本的に2016年のシーズンがいつからか分からないくても、1月から花粉時期と分かるので、12月から対策を取るべきです。

スポンサードリンク


花粉症の対策


2016年の花粉症は1月から来るので、対策に有効な方法を今回は紹介するので、是非とも実践してみてください。

おすすめの対策方法

マスクをする
うがいと手洗いをする
トマトジュースを飲む
眼鏡やサングラスをする
ヨーグルトを食べる

以上が2016年の花粉症対策になります。

マスクをすると飛沫する花粉から、鼻と口からの侵入を防ぐ事が可能で、うがいをすると喉の花粉を取り除き、外に排出するので、対策となります。

また手に付着する事もあるので、2016年も手洗いを行いましょう。

トマトジュースを毎日飲むと有効で、実際に花粉症患者に1ヵ月間トマトジュースを飲ませた結果、花粉症が改善された事例があります。

そのため対策として、トマトジュースを最低1日200㏄は飲むようにしましょう。

トマトジュースは「リコピン」という成分で、人間を老化させて免疫力を落とす活性酸素を除去する働きがあり、豊富な食物繊維も対策となるのです。

また2016年の花粉症も目に花粉が付着すると目ヤニが出たりします。

それを防ぐためにもコンタクトレンズの人は、眼鏡やコンタクトレンズに替えるという対策がおすすめで、2016年の1~4月は着用しましょう。

また花粉症対策に毎日ヨーグルトを食べると良いでしょう。

ヨーグルトは整腸作用で腸内を綺麗にする事から、免疫力を高める作用を持ち、アレルギーの反応を弱くさせるラクトフェリンも含んでいます。

毎日200g食べるのが良く、朝・昼・晩と分けて食べるとより効果的です。

花粉症を防ぐ2016年の過ごし方


花粉症対策にも2016年は木や森の方面に行くべきではなく、外に出る時は必ず、マスクとサングラスを着用するべきです。

そして、家に入る際は、充分に花粉を衣類からはたきましょう。

花粉が衣類などに付着している時は、すぐに洗濯をすると対策となり、顔にも付着している事があるので、洗顔をして対策を取ります。

また手洗いとうがいも非常に大切なので、必ず行いましょう。

特にお茶でうがいをすると花粉症を防ぐのに効果的で、なるべく温かいお茶でやる事をおすすめします。

以上で2016年の花粉症はいつから始まるのかについては終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ