花粉症の症状でのどがかゆい!乾きと炎症の治療法


花粉症を引き起こした人は、のどがかゆいと訴える方が多く、乾きを感じて不快感を覚えてる方も多いと思うので、症状の原因を説明します。


20cd476983ec22c07eb186882116e31f_s


また改善に有効な方法を紹介したいと思います。

最初に花粉症の症状でのどがかゆい原因を説明して、次に乾きと炎症を治す方法を紹介するので、治したい方は見てください。

花粉症でのどがかゆくなる?


花粉症による症状でのどの不調を訴える方は、80%の割合でいるとされており、なぜのどがかゆいのか、原因は人間の免疫システムにあります。

人間の体にとって、花粉は異物なため、それを排出しようと免疫が働くのです。

すると「ヒスタミン」が発生して、のどに炎症が出来て、かゆいと感じる症状が現れる原因となり、かゆい状態が悪化していくとのどが痛いと感じるようです。

本来はのどの粘膜に花粉が付着するケースは、ほとんどありません。

喋っている時などは考えられますが、例えば花粉症の症状で鼻詰まりが現れている方は、鼻詰まりの鼻水がのどに流れて、鼻水と共に花粉がのどの粘膜に付着するのです。

また鼻詰まりで、鼻呼吸が出来ずに口呼吸に変わり、口内の乾きが原因で、かゆい症状が出る事もあります。

これは皮膚の水分が蒸発する事で、細胞を守っていた水分が消えたため、少しの刺激でかゆいと感じやすくなり、花粉症の症状によるのどの不調の原因になります。

その他にのどがかゆいのが、花粉症の症状とは限りません。

スポンサードリンク


かゆい原因は別にもある?


実は花粉症でのどがかゆい人は別に原因がある事もあります。

例えば、2~5月に流行する黄砂が原因である事もあり、家の中を掃除せずほこりだらけの家なら、ハウスダストものどがかゆい原因となります。

特に花粉症の症状以外で、最も考えられるのが口腔アレルギーです。

口腔アレルギーは花粉症患者の方が果物を食べると発症する病気で、花粉症のアレルゲンは果物のタンパク質と似ているため、摂取すると症状が悪化するのです。

果物を食べて15分以内にのどがかゆい・体の痺れ・蕁麻疹などが現れます。

特にリンゴ・キウイ・マンゴー・サクランボ・メロン・桃などが花粉症を悪化させるとされています。

のどの乾きの原因


花粉症の症状でのどの乾きを感じる人は、鼻詰まりが代表的な原因と考えられ、鼻詰まりで鼻呼吸が出来ないため、口呼吸に変わり外気の乾燥した空気が入ります。

するとのどに乾きが現れる原因となり、鼻詰まりを治す必要があります。

その他に花粉症の症状ではなく、花粉症の薬の副作用で、のどの乾きを感じるケースもあり、基本的に強い成分を持つ薬はのどが乾きやすいようです。

逆に効果が弱い薬ほど症状が現れにくいとされています。

ジルテックという花粉症薬で、のどの乾きが現れた方がいるようですが、ジルテックを服用してものどの乾きが現れなかった方もいます。

個人差がある症状なので、自分に合う薬を選びましょう。

歯科医師の方の説明では、ほとんどの花粉症薬は唾液の分泌を妨害するため、口内が乾き、のどに症状が現れると解説されています。

アネトンメルディ鼻炎薬という薬を服用した方は、のどの乾きが現れなかったそうですが、個人差があるので、絶対とは言えません。

アレグラも副作用が弱いので、おすすめします。

また花粉症の薬でのどが乾燥する事もあり、以下の記事で分かります。

口を乾燥させる薬

花粉症ののどを治す方法

花粉症の症状でのどの乾きやかゆいと感じる方は、今から紹介する治療方法を行ってもらうと効果的なので、おすすめします。

のどの治療方法

うがいをする
マスクを着用する
マフラーをする
玉ねぎの匂いを嗅ぐ

以上がのどがかゆい時と乾きを感じた時の治療法です。

花粉症の症状でのどが不調な時は、うがいをして、付着した花粉を洗い流す方法が効果的で、家に帰った時はガラガラとうがいをするとかゆい状態を治せます。

またマスクは効果的で、マスクをすると外気の乾いた空気がのどに行きません。

乾いた空気はマスクによって湿るため、のどの乾きを治す事に有効で、家の中でも着用していると花粉症の症状が治るのが早いです。

またマフラーでのどの乾燥を防ぐとより、効果的と言えるでしょう。

ちなみに花粉症の症状で鼻詰まりになっている人は、のどに渇きが出ていると思うので、玉ねぎの匂いを嗅ぐと良く、玉ねぎの匂いには「硝化アリル」を含んでいます。

硝化アリルは血流を良くして、鼻詰まりを治す効果があります。

玉ねぎをスライスして、お皿に乗せた状態で、枕の横に置いた状態で寝ると鼻詰まりが良くなるので、おすすめの方法です。

以上で花粉症の症状について終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ