花粉症の症状でのどが痛いし咳も続く?たまねぎが有効!?


なんか最近のどが痛いし咳が続くなぁと思う方は、花粉症の症状が原因である事があり、発症している人に改善方法を紹介します。


a0192adbca43357ff1f74c51532f865a_s


またなぜこのような不調が現れるのか、メカニズムをお伝えします。


最初に花粉症の症状でなぜのどが痛い状態になるのか説明して、次に咳が続く理由について答えていきたいと思います。

花粉症でのどが痛い理由


基本的に人間には免疫システムが備わっており、免疫システムは人間の体に害となる物質を排出する働きがあり、花粉は有害と判断されるようです。

そのため、のどに花粉が付着すると「ヒスタミン」が生じます。

ヒスタミンが生じると花粉症を引き起こして、花粉症の症状でのどの粘膜が炎症が出来て、痒かったり、痛いという感覚に変わるのが一つの原因とされています。

のどの症状が軽症なら痒いだけなのですが、重症になるとのどが痛い状態に変化していきます。

また花粉症の症状で鼻詰まりになっているのも原因で、鼻詰まりで鼻呼吸が出来ないため、口呼吸に変わる事から、口内が外気の空気で乾燥して唾液の分泌が下がります。

そのためのどが痛いと感じて、特に朝起きた時はのどが痛い傾向にあります。

その他に花粉症の症状で咳が続く方は、咳によって口内が乾燥するため、のどが痛い状態になるので、一つの原因と言えるでしょう。

花粉症の症状でのどが痛いと訴える方は、患者の80%いるようです。

ちなみにのどが痛い人の感覚は、ヒリヒリする感じ・焼けるような痛み・イガイガ・ツーンとした感じなどで表現され、声が変わる人もいます。

花粉症の症状でのどが痛いと訴える方は、ヒノキ花粉が原因である事が多く、上咽頭炎という病気が原因である事もあります。

この場合は鼻とのどの間が痛かったり、鼻の奥が痛いという症状があります。

スポンサードリンク


花粉症の咳と特徴


花粉症を発症した人で、咳が続く方は、人体の免疫が関係しており、花粉は人体に取って異物なため、それを咳で体外に出そうとして症状が出ています。

これは人体の免疫システムが判断していて、花粉症の症状が現れています。

特に胃の中や気道に花粉が入ると咳の症状が現れやすく、最初に花粉が口内に入ってその後に飲み込んでしまうと胃の中や気道に入ってしまうようです。

花粉症の症状で鼻詰まりになり、口呼吸になっている人はなりがちです。

ちなみにのどに花粉が付着した時も咳が出やすく、もし風邪が原因の咳であれば一週間ほどで治るため、一週間経過しても咳とのどの痛みが治らない場合は注意します。

この場合なら花粉症の症状が考えられます。

また鼻詰まりから口呼吸に変わる事から、唾液の分泌が減るため、のどが乾燥して咳が出る事もあり、特に夜は横になるため咳が出やすいです。

その他に花粉症の症状で痰が出る人は咳がでやすいでしょう。

痰は空気の通り道である気道を塞ぐため、咳が出やすくなり、花粉症の症状で鼻水が出ている人は、鼻からのどに鼻水が落ちて、痰が出来やすくなっています。

そのため、痰が咳の原因にもなっており、痰を問わない乾いた咳が何週間も続く場合は、気管支炎が原因かもしれません。

のどの痛みと咳を治す方法


花粉症の症状でのどが痛い人や咳が続く方に今から治療方法を紹介するので、もし治したいと考えている人は参考にしてください。

咳とのどを治す方法

マスクをする
ハチミツを舐める
温かい飲み物を飲む
玉ねぎを寝床に置く


以上が花粉症の咳とのどの痛みを治す方法です。

マスクをすると外気の乾燥した空気をガードして、湿った空気に変えるので、花粉症の症状でのどが痛い人におすすめの方法で、咳にも効果的です。

またハチミツはアメリカ国の実験で、子供の咳止め薬以上の効果があると判明しているので有効です。

ハチミツを舐めると花粉症に有効ですが、殺菌作用もあるので、ほぼすべての症状に有効で、のどの粘膜の炎症を治すため、のどが痛い時に有効です。

また温かい飲み物を飲むと扁桃腺というのどの横にある部位が開き、痰が出やすくなる状態となり、痰を出す事が出来れば花粉症の咳に効果的です。

そのため症状が続いている時は、温かい飲み物を飲み続けましょう。

花粉症の症状に最もおすすめな治療法は、玉ねぎを寝床に置く方法で、玉ねぎには涙が出るような匂いがありますが、あの匂いの原因は「硝化アリル」という成分です。

硝化アリルの匂いを嗅ぐと血液がサラサラになります。

玉ねぎをある程度スライスして、お皿に乗せた状態で、枕の横に置くのがおすすめで、匂いを嗅いだ状態で寝ると鼻詰まり・のどの痛み・咳が治ります。

実際に鼻詰まりや咳が治った方は多く、硝化アリルには殺菌作用もあるため、花粉症の症状に有効です。

以上で花粉症の症状について終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ