花粉症の症状でのどの痛みと頭痛に酸素の供給が大事?


花粉症を発症した方でのどの痛みと頭痛の症状が現れている方は、やはり仕事も育児もやる気になれない状態にあると思います。


d3d714dd1b853722df4248c8cb664cd9_s


今回は症状が現れる理由と花粉症の原理をお伝えします。


またこの記事ではのどの痛みを治す誰にでも出来る改善方法を紹介して、他にも頭痛を軽減させる方法を解説しています。

花粉症で頭痛が現れる理由


花粉症の症状で頭痛が現れる人は、脳の酸素不足が最も大きな原因と考えられ、やはり人間の体にとって、花粉は異物(アレルゲン)なので、アレルギー症状が出ます。

すると鼻が花粉を追い出すため、くしゃみをします。

しかし、くしゃみをしても、鼻にある花粉を全て出せないため、花粉が鼻の粘膜に残り、鼻の粘膜が炎症を起こして、腫れるようになり、鼻詰まりになります。

すると脳に酸素の供給が出来ず、酸欠状態となって、花粉症の症状で頭痛が起きるという事になります。

特に鼻水が出ないのに鼻詰まりの人で、花粉症の症状によって頭痛が出ている人は、脳の酸素不足が原因として考えられ、酸素不足だと体がだるくなります。

体がだるい方は、鼻詰まりが原因で頭痛が現れてる可能性が高いです。

また鼻詰まりだと鼻呼吸が出来ないため、口呼吸に変わる特徴があり、外気の乾燥した空気で口内が変わる事から、頭痛と共にのどの痛みの症状が現れがちです。

花粉症の症状が悪化すると副鼻腔炎に繋がり、頭痛の原因となる事もあります。

副鼻腔炎とは鼻にある空洞の通り道である「鼻腔」と「副鼻腔」が関係しており、鼻腔と副鼻腔の役割は各々の部位を繋げ、酸素を脳に運ぶ事です。

しかし、どちらかに花粉が付着して、花粉症を引き起こすと炎症を引き起こして
鼻の粘膜が腫れて、鼻腔と副鼻腔の空気圧が合わなくなります。

すると副鼻腔に存在する神経が刺激され、頭痛の症状を引き起こす原因となり、副鼻腔炎の頭痛は全体に痛みが広がる特徴があります。

スポンサードリンク


花粉症とのどの痛みの関係


花粉症の症状でのどの不調で悩んでいる方は、80%に上ります。

基本的に花粉症でのどの痛みの症状が出る理由は、のどに花粉(アレルゲン)が付着して、それに免疫が反応して、外に追い出そうと症状が現れます。

最初はのどが痒いのですが、悪化していくとのどに痛みを伴います。

また口内の乾燥も花粉症の症状でのどの痛みを伴う理由で、基本的に鼻の粘膜が花粉で炎症を起こして、腫れる事で引き起こる鼻詰まりで鼻呼吸が出来ません。

すると口呼吸に変わり、冬の冷たく乾燥した外気を口内に入れるため、のどが乾き痛みを伴うのです。

また花粉症の症状には咳がありますが、咳は胃や気道に花粉が侵入するとそれを追い出そうとするために現れ、吐き出す時に外気の空気がのどに直撃します。

するとのどが乾燥して、痛みを伴うため、原因の一つと言えます。

のどの痛みと頭痛を治す方法


花粉症の症状を頭痛とのどの痛みが現れている方に今回は治療方法を紹介するので、治したい方は是非とも見てください。

頭痛とのどの痛みの治療方法

マスクをする
生姜湯を飲む
玉ねぎの匂いを嗅ぐ
深呼吸をする

以上が花粉症の症状を良くする方法です。

やはりのどの痛みの原因は口内の乾燥であるため、外気の乾燥した空気を湿らせる効果があるマスクを着用すると有効なので、おすすめします。

また生姜はのどの痛みの炎症を治す「プロスタグランジン」を含んでいます。

そのため花粉症の症状でのどの痛みがある時は、生姜湯を飲むのが有効で、生姜小1分を擦り下ろして、そこに熱湯100㏄を注ぐと完成です。

生姜湯を飲むと花粉症の症状に効くのでおすすめです。

また玉ねぎの匂いの正体である「硝化アリル」は、血液をサラサラにして、鼻詰まりを治す効果があり、鼻詰まりが治ると口呼吸から鼻呼吸になります。

するとのどの痛みを治せるだけでなく、酸素を脳に供給する事が容易になり、花粉症の症状である頭痛を治せます。

頭痛を治すためにおすすめの方法は、寝る時に枕の元に玉ねぎを半分に切った物を置き、放置して、寝ると有効で、これをして頭痛が治った方がいます。

また花粉症の症状で頭痛がある人は、深呼吸もおすすめです。

深呼吸は脳に酸素を供給する方法の一つで、鼻詰まりの方は基本的に出来ませんが、鼻詰まりが一時的に治った際は、深呼吸が出来るため、やるべきです。

深呼吸をすると頭痛を軽減させる効果があり、深呼吸は最初に7秒息を吐いて、次に息を7秒止めて、最後に鼻で酸素を吸う方法です。

以上で花粉症の症状について終わりたいと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ