花粉症の症状で頭痛や微熱でだるい!卵酒を飲むと良い?


花粉症を発症してしまった方は、頭痛や微熱の症状が同時に発症する事があり、それらの体調不良もあり、だるいと感じる事もあります。


6d8bdf7fe020d8e88c7a7f501adbcc2a_s


今回は症状のメカニズムと体調不良を良くする方法を紹介します。


まずは花粉症の症状で頭痛とだるい状態が続く理由を説明して、次に微熱の原理と治療方法を紹介したいと思います。

花粉症で頭痛とだるくなる理由


花粉症による症状で頭痛や体がだるいと感じる方の原因は、脳の酸素不足大きな理由であり、人間が鼻呼吸する際に鼻の粘膜に花粉が付着する事があります。

鼻の粘膜に花粉が付着すると体の免疫は、異物と判断します。

すると花粉を追い出そうと鼻水などが出るようになり、鼻の粘膜も炎症を引き起こす事になり、鼻の粘膜が腫れて、鼻呼吸から口呼吸に変わり、酸素の供給が困難です。

この状態が続くと脳に酸素が足りなくなり、頭痛の症状が現れ、体もだるい状態になってしまいます。

特に口呼吸で酸素を取り入れているため、夜寝た後の朝は、特に酸欠不足なため、花粉症の症状で頭痛や体がだるいと感じて、寝ても疲れが取れない事が特徴です。

花粉症の症状で体がだるいのは、体よりも脳に酸素を優先的に取り入れるため、体にある酸素を脳に送り、体の酸素が抜けて、血流が悪くなり、体がだるいと感じるのです。

実は花粉症の薬で頭痛・だるい・熱などの症状が出る事が以下の記事で分かります。

花粉症の薬による頭痛や熱


また花粉症の症状の中でも、頭痛や体がだるいと感じるのは、副鼻腔炎も関係している事があります。

副鼻腔炎は花粉症が悪化すると発症しやすく、鼻には空洞の通り道である鼻腔と副鼻腔という部位があり、この二つの部分が繋がっいるため、脳に酸素を運べるのです。

しかし、花粉で鼻腔か副鼻腔どちらかが炎症を起こして、腫れると副鼻腔炎になるとされています。

すると鼻腔と副鼻腔の空気圧が合わなくなり、副鼻腔にある神経が酸素で刺激され、頭痛の症状が引き起こされるとされており、体もだるい状態になります。

スポンサードリンク


微熱の原因と注意点


花粉症の症状で微熱が現れる理由は、人体に侵入した花粉(異物)をウィルスと免疫が判断して、異物を倒そうため、免疫システムが体に倒すための指示を送ります。

すると異物を倒すため、免疫力が増して、体の体温が高くなる事から、微熱の症状に繋がるのです。

つまり花粉症の症状で微熱が出るのは、花粉をウイルスと勘違いして、倒そうとした結果、体温が高まり、発症するという訳なのです。

ちなみに微熱が出ると血管が収縮されるため、酸素や血液が通り辛くなります。

すると頭痛を伴う事があり、花粉症の症状で微熱がある時は頭痛や関節痛も現れやすく、その他には体がだるいと訴える方が多いようです。

花粉症の症状による微熱は37度で、2~4週間は続く事が多いようです。

また風邪による微熱なら一週間で治る事が多く、花粉症なら長期間続くという特徴があるので、見極めやすいでしょう。

ちなみに微熱がある時は、体温と外気の温度さで、寒気の症状が出る事もあります。

花粉症で微熱の症状がある時に解熱剤を使うのは危険で、解熱剤は免疫力を落として、熱を一時的に下げる方法であり、後でぶり返す可能性が高いです。

ぶり返すどころか、免疫が弱まるため、微熱が悪化する傾向にあるため、解熱剤は控えましょう。

花粉症の頭痛や微熱を治す方法


花粉症の症状で微熱で弱っている方や頭痛や体がだるいとお悩みの方に症状を改善する方法を紹介するので、是非試してください。

頭痛や微熱の治療方法


卵酒を飲む
食事の量を減らす
玉ねぎの匂いを嗅ぐ
静かな場所で過ごす

以上が花粉症の症状に有効な方法です。

卵には解熱作用があるため、花粉症の微熱を改善させるのに有効で、卵白の
「リゾチーム」は殺菌作用もあるため、風邪にも有効です。

卵酒の作り方はコップの中で卵1個と砂糖大1をかき混ぜ、次にお酒200㏄を入れて混ぜ合わせて、電子レンジで30秒加熱して、混ぜます。

電子レンジによる加熱を2回以上行い、温めると完成で、1日2杯飲むと微熱の改善が早くなります。

人間は体内の食べ物を消化するために睡眠を取る事があり、花粉症の症状で体がだるいと感じる時や頭痛がある時は、食事の量を減らして、消化の負担を減らすと良いです。

腸内が綺麗になるので、免疫力が上がり、微熱の症状に有効で、花粉症の改善にも繋がります。

また花粉症の症状で頭痛や体がだるいと感じる理由は、やはり鼻詰まりが原因の酸素不足なので、鼻詰まりを改善すると頭痛と体がだるいのを治せます。

そのためには玉ねぎの匂いを嗅ぐのが良く、玉ねぎの匂いには「硝化アリル」を含んでいます。

硝化アリルは血液をサラサラにする効果があり、鼻詰まりを改善する効果があるとされており、実際に匂いを嗅いで、鼻詰まりが治った方がいます。

特に寝る時に枕の横に切った玉ねぎを置いた状態で寝ると良いです。

これで鼻詰まりが改善出来れば、酸素を脳に取り込む事が出来て、花粉症の症状である頭痛と体がだるい状態を治せるので、おすすめします。

また頭痛は音や光などの刺激で、酷くなるので、静かな場所で過ごしましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ