花粉症の症状で皮膚のかゆみと薬!乾燥肌は危険?


花粉症のシーズンが訪れると皮膚のかゆみや炎症の症状を引き起こす方がいて、やはりボロボロの肌を気にする女性は、外に出づらいでしょう。


b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9_s


今回は炎症の改善方法や乾燥肌の危険性をお伝えします。


また花粉症の症状で皮膚にかゆみが現れる理由を説明して、どのような人が特に危険なのかを解説していきます。

花粉症で皮膚にかゆみを伴う?


人間が花粉症の症状で皮膚炎を起こす理由は、皮膚に付着した花粉を「害のある異物」と免疫が判断して、自分の体を害から守ろうとかゆみを伴います。

これは「ige抗体」という成分が花粉に付着した皮膚に動いて、その部位に
「ヒスタミン」を放出させて、症状が出るようです。

ちなみに花粉症では皮膚のかゆみ以外にも以下の症状が現れます。

花粉症の皮膚症状

肌がガサガサになる
蕁麻疹の様な赤い斑点が現れる
赤く腫れたような状態になる
かゆみを伴う

以上が花粉症の症状となります。

これらの皮膚炎が発症する方としない方の特徴は、免疫が花粉に反応するかが重要であり、免疫が花粉に反応しなければ、発症する事はありません。

基本的にアレルギー体質な人ほど過剰反応して、発症しやすいです。

アレルギー体質の人の特徴は、食の偏り・お酒の飲み過ぎ・腸内環境の乱れ・ストレスなどの現代病が原因なので、今後は花粉症で皮膚のかゆみを伴う方が増えます。

また遺伝子レベルで決まっている事もあるという説もあります。

ちなみに花粉症の症状で皮膚のかゆみや赤い斑点が出やすいのは、体の
露出している部分である顔・首元・腕・手・目などが当てはまります。

実際にこれらの部分が花粉症の症状で赤く腫れる方は非常に多いです。

例えば顔が赤くなり浮腫んだ感じになったり、目の周りが浮腫んだりガサガサになる事があり、風が強い時は皮膚のかゆみを訴える方が多いです。

またスギ花粉は増員因子があり、一部分のかゆみだけでなく、全身に広がる事があるようです。

ちなみにファンデーションをする女性が皮膚のかゆみを発症しやすいです。

その他に花粉症の薬で皮膚に異常が現れる事もあり、以下に説明しています。

花粉症の薬による皮膚の影響


スポンサードリンク


乾燥肌やアトピーの危険性


実は花粉症の症状で皮膚のかゆみを伴う人は、乾燥肌やアトピーの方が多く、これは肌にある「バリア機能」が弱っている事が考えられます。

肌のバリア機能は、本来は肌の表面にある0.02mmの角質層の事を指しています。

この角質層は外部にある花粉などの刺激から皮膚を守る機能があり、肌のバリア機能は弱酸性の油脂で出来ているため、皮膚の水分の蒸発も防いでいるのです。

こうすることで、皮膚の潤いを保ち、花粉症の症状から守ってくれるのです。

しかし、肌のバリア機能が弱っている乾燥肌やアトピーの方は、皮膚から水分が蒸発しているため、皮膚がボロボロの状態で、花粉症の刺激も強く受けるため危険です。

実際に花粉症の症状で皮膚のかゆみを訴える方は、乾燥肌やアトピーの方が非常に多いようです。

肌の乾燥を防ぐには「セラミド」という角質を作る成分が必要で、セラミドはリノール酸を含むパン・肉類・油物が原因で、油はオリーブオイルに変えると良いです。

ちなみに花粉症の症状で皮膚がかゆい時は、洗いすぎを控えた方が良いです。

実は水道水には「塩素」が含まれていて、この成分は角質を壊して、皮膚の水分を奪うため、日頃から食器洗いをしている方は、肌が荒れがちです。

そのため花粉症の症状で皮膚がかゆい人は、お風呂に入る時間も少し短めにしないと皮膚がボロボロになります。

皮膚のかゆみの改善方法


今から花粉症の症状で皮膚のかゆみが、現れている方に効果的な治療方法を紹介するので、治したい方は試してください

皮膚のかゆみの治療方法

爪を切る
納豆を食べる
露出を減らす
外出後の洗顔と手洗い
薬を飲む

以上が花粉症の症状に有効な方法です。

爪を切るともし皮膚のかゆみで掻いてしまっても、皮膚へのダメージが少なく、実際にアトピーの方が爪を切っただけで、血だらけの肌がガサガサの肌へと変わりました。

簡単に出来て、ダメージを大きく減らせるので、非常に良いです。

また納豆は花粉症の皮膚のかゆみに有効で、「レシチン」という成分が血管を綺麗にして、肌に潤いを与えるため、症状に有効です。

そして、納豆には「ムチン」というネバネバ成分を含み、ムチンは皮膚を覆い、花粉などのアレルゲンから、皮膚を守る作用があります。

毎日納豆を1日1パックを食べるようにしましょう。

また外出する際は、ゴーグル・マフラー・手袋・長袖・長ズボンで、花粉を皮膚から守るのが良く、家の前で服を払い花粉を落としましょう。

その後は手を洗った後に洗顔をするように心掛けます。

また花粉症の薬を事前に2週間飲み続けていけば、皮膚のかゆみを防ぐ事にも有効で、花粉症の薬を飲む際は1月が花粉シーズンなので、12月から飲みましょう。

しかし、薬で副作用が出る事もあり、効果が薄い場合は皮膚のかゆみを防げない可能性もあり、変える方が良いかもしれません。

以上で花粉症について終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ