花粉症の症状で目の腫れが浮腫に変わる?冷やすと治せる!


花粉症を発症した人は症状で目が腫れる事があり、悪化していくと浮腫になる事があり、見た目も悪くなり、非常に辛いと思います。


f83f8293af3d9cca5d5720e74737651e_s


今回は改善方法や発症の原理をお伝えします。


まずは花粉症の症状が目に現れた場合の特徴を解説して、次に腫れや浮腫を良くする改善方法を紹介していきます。

花粉症と目の症状


花粉症を発症した方の90%が訴えるのが目の症状ですが、最初は目の周辺が痒くなり、まぶたと結膜が腫れるようになり、重症になると浮腫が出来ます。

浮腫の症状が現れた人は周りの人から目が見えなくなるくらい腫れるようになり、外から見ても痛いたしい感じとなります。

花粉症の症状が出た人の目は、痒みを伴いますが、この時に擦ると危険です。

擦った場合は目の角膜や結膜が傷付き、腫れや浮腫の症状が悪化するとされており、目がゴロゴロする感覚・痛み・違和感・まぶしく感じるようになります。

やはり人間の目の皮膚は頬の半分の薄さなので、非常にデリケートです。

また花粉症の症状で目の充血・ヤニ・涙などが出るようになり、涙が出る理由は、人間の免疫が花粉を異物(害のある成分)と判断して、花粉を洗い流そうとしています。

しかし、全て流せる訳ではなく、残った花粉で目が炎症を起こして、痒みを伴います。

そして、手で擦ってしまうと腫れや浮腫が出来るようになり、人間には免疫が働くと「igh抗体」が働き、花粉が付着するとigh抗体が現れます。

花粉とigh抗体が結合するとヒスタミンが生まれ、花粉症の症状が目に現れます。

花粉が目に付着すると結膜表面にある神経をヒスタミンが刺激する事で、目の痒みが現れ、目にある血管壁にも影響が出て、血液中の白血球や水分が血管の外に出ます。

目の白血球が外に出る事で、浮腫や腫れの症状が現れます。

スポンサードリンク


目の腫れや浮腫が出やすい人


花粉症の症状で目の腫れや浮腫が出やすい人は、アレルギー体質の方に多く、本来は人間の免疫が作り出す抗体のigh抗体が不必要な時に出る人ほど症状が出やすいです。

また眼鏡ではなくコンタクトレンズの方は、目の腫れや浮腫が出やすいです。

やはり花粉が目に付着しても涙で流れる事が多く、流れさえすれば目の炎症は軽めで済む事になり、花粉症の症状は軽症になります。

しかし、コンタクトレンズでは涙で花粉を流すのが困難となるのです。

涙だけが外に流れ、コンタクトレンズの中に花粉が溜まる事から、目の痒みがいつまでも続き、目を擦ってしまう事から、目の腫れや浮腫が出来やすいのです。

そのため花粉症の症状による目の腫れや浮腫が怖い人は、眼鏡で生活する事をおすすめします。

また目の腫れや浮腫の症状が出た方は、眼科に診察するのがおすすめで、適した薬を処方してくれるので、眼科に診察に行きましょう。

また花粉症の症状で目の腫れや浮腫が現れた場合は、数週間続きます。

特に目がかゆい訳でもないのに腫れて、浮腫が出来たような感じになる方もいて、そのような方は花粉症の症状が原因である事があります。

この場合は目が重くて開く事が困難となり、腫れぼったくなるようです。

腫れや浮腫を治す方法


実は花粉症の症状で目が腫れて浮腫が出来た方にも治す方法があり、冷やす治し方などがあるので、今から紹介していきます。

腫れと浮腫の治療方法

目をタオルで冷やす
アイメイクを辞める
晴明のツボを押す
納豆を食べる

以上が花粉症の症状に有効です。

目が腫れて浮腫が出来た人には、冷やしたタオルや保冷剤を目の上に置くのが良く、これをすると血行が良くなり、かゆみと同時に腫れと浮腫が良くなります。

逆に温かい物を目に置くとかゆみが倍増するので、控えましょう。

基本的に目に保冷剤などを置き3分放置するのが良く、3セットほど繰り返すと花粉症の症状に良く、冷やしたキュウリを載せるのも良いです。

また女性の方はアイメイクを辞めるべきで、アイメイクをすると目の皮膚にダメージが付きます。

すると目の浮腫や腫れが悪化するので、花粉症の症状のためにもなるべくアイメイクを控えるように心掛けるように生活しましょう。

花粉症の症状にはツボを押す方法が役立ち、特に「晴明」という目の付近にあるツボを押すと腫れや浮腫が良くなるので、以下の動画を見て押してみましょう。







また納豆が含むネバネバ成分「ムチン」は皮膚を覆い、花粉などのアレルゲンから守ってくれるため、納豆を食べると目の防御機能が上がります。

そのため、目の腫れや浮腫の改善に役立つので、花粉症の症状が出ている方は1日1パックを目安に食べると良いです。

以上で花粉症の症状について終わりたいと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ