花粉症の症状は目だけ出る?対策にはトマトジュース! 


花粉症を発症したけど目だけに症状が出たという人は、なぜ他の体の部位には変化が現れないのか、疑問に思うと思います。


f022ca2f37361b051f3d1fff7fa3599a_s


今回はその謎についてお答えして、対策方法も紹介します。


花粉症の目だけを守る対策方法ではなく、全ての症状に有効な予防法もあるので、予防したい方は一度目を通してみてください。

花粉症が目だけに現れる理由


実は花粉症を発症した方の90%が目の症状を訴えており、比較的他の体の部位よりも目の場合は、症状が現れやすいようです。

実際に目だけ症状が現れるのは珍しい事ではなく、露出されている分だけ、花粉が付着しやすく発症しやすく、特に外に出ても喋らない人はその傾向にあります。

またマスクをした人も目だけに症状が現れやすいとされています。

理由はやはり鼻に入ると鼻水が出やすくなり、口に入るとのどの痛みや吐き気などの症状が現れるため、花粉症で目だけに症状が現れる人は、喋らない人が多いでしょう。

花粉症の発症理由は、花粉を異物(ウイルスや細菌)と勘違いするのが理由で、体に害があるものと判断して、igh抗体という成分を分泌させます。

アレルゲンとigh抗体が適合する事で、ヒスタミンが発生します。

するとヒスタミンが発症した部位に花粉症の症状が現れ、目だけに現れる人は目だけに花粉が付着して、最初はアレルギー反応で、涙が出て花粉を洗い流そうとします。

しかし、全ては洗い流せず、目に痒みを伴い、炎症の症状が現れます。

その後に花粉症の症状で目が痒くなり、擦ると腫れて浮腫が出来るようになり、目がゴロゴロしたり、まぶしく感じることなど違和感を感じます。

花粉症の症状で目だけがいつまでも治らない方は、コンタクトレンズが関係しており、やはり本来は涙で花粉を流せるのですが、コンタクトを着用している場合は無理です。

コンタクトの中に花粉がそのまま残り、目の症状がいつまでも治らないのです。

スポンサードリンク


花粉症が目の原因ではない?


もし目だけに症状が現れる人は、花粉症以外にも原因があり、例えばドライアイは目が渇く事で症状が現れる病気で、コンタクトレンズをしている人に多いです。

やはりコンタクトレンズをしている人は、目が乾燥しやすいです。

花粉シーズンは1~3月が一般的で、まだ外は寒く外気は乾燥しているため、ドライアイの発症率も高いので、目だけに症状が出る場合はドライアイも考えられます。

また年中、家の中で舞っているハウスダストも原因です。

花粉症以前に部屋を掃除していない方は、目にゴミやほこりが付き、アレルギー反応を起こして、目だけが赤く腫れたり、痒みを伴うという事もあります。

そして、他国から飛んでくる黄砂も目だけに症状が現れます。

黄砂が目に付着するとかゆみを伴う事や涙が出る事があり、やはり目が腫れる事もあるようなので、花粉症の症状に似ていて厄介で、ニュースで流行を確認しましょう。

対策としては、コンタクトレンズを辞めて、眼鏡やサングラスを着用しましょう。

目を花粉症の症状から対策するためには、家に帰った時は家の前で服についた花粉を手で払い、家に入るとまず手を洗った後に洗顔をすると良いです。

また診察は眼科に行くと原因が分かりやすいので、おすすめです。

目も洗った方が良く、手から洗わないと手の花粉が付着して危険で、目を守るためにもなるべく外出を避けましょう。

花粉症から目を対策する方法


花粉シーズンは1~3月なので、今回は目を対策する方法を紹介するので、症状を予防したい方は必ず実践してください。

目の対策方法

納豆を食べる
スマホやパソコンの使い過ぎを控える
トマトジュースを飲む
外出後に目を洗う

以上が花粉症の症状に対策となる方法です。

納豆は「ムチン」と呼ばれるネバネバ成分を含み、ムチンは目・鼻・口内などあらゆる細胞を覆い、保護する効果があるため、花粉症の症状が現れにくくなります。

そのため納豆を毎日食べると目の対策となる訳です。

またスマホやパソコンをじっと見るばかりしている人は、目が疲労して花粉症の症状を引き起こしやすいだけでなく、ドライアイを発症する可能性もあります。

目の疲労は病気に繋がるので、対策のために1時間に10分の休憩を取りましょう。

トマトジュースは花粉症の症状から目の対策に有効で、トマトジュースの「βカロテン」は目の粘膜や結膜を保護する働きがあり、健康的にしてくれます。

その結果、疲労を取り除き、ドライアイの改善にも役立っています。

また「ルテイン」という成分で目の活性酸素(老化成分)を取り除き、目の免疫力を高くしてくれるので、やはり対策の効果は大きいです。

実際にトマトジュースを毎日飲む人ようになった人は、花粉症の症状が改善されたという報告が多くあり、毎日最低でも200㏄飲むと対策になるでしょう。

また花粉症から目の対策をするには、外出後は目を洗うのが良いです。

これをすると花粉を洗い流す事が可能で、ぬるま湯が丁度良く、冷たい水だとドライアイになりがちなので、ぬるま湯がおすすめです。

以上で花粉症の症状と目の対策について終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ