花粉症の症状で咳と熱や頭痛!生姜湯が発症を抑える?


冬の寒い時期にはインフルエンザと同時に花粉症も流行しており、咳と同時に熱や頭痛などの症状を伴う事になります。


39508ef6b6689f959af56eba6e235c38_s


とっても辛いため、改善方法などを紹介したいと思います。


今回は花粉症の症状でなぜ咳が続くのか理由を説明して、それと同時に熱や頭痛を発症している方が改善するべき事をお伝えします。

花粉症の咳とは


花粉症患者の80%が咳の症状を伴うとされており、咳が出る理由は花粉が口や鼻にまず侵入して、その後に唾液で肺や気道に送られ、アレルギー反応が出ます。

このアレルギー反応は、花粉を害がある物質と人間の体が判断して現れます。

そのため肺や気道に侵入した花粉を追い出そうと咳の症状が現れるのが理由で、咳の症状が続くと口内が乾燥して、のどの痛みや違和感を伴い呼吸困難になる事もあります。

また花粉症で咳が現れる時は、喉の粘膜に花粉が付着して、アレルギー反応を伴い症状が現れやすいです。

そして、冬の寒い季節には風邪やインフルエンザが流行り、それらの細菌などの死骸が痰になりますが、痰が気道に詰まる事で、空気の通りが悪くなります。

すると咳の症状が現れる原因となり、花粉症で現れる鼻水が気管に入って鼻水が痰として出る事があります。

また花粉症の症状でも鼻詰まりが咳を誘発させる原因になる事もあり、鼻詰まりで鼻呼吸から口呼吸に変わる事で、喉が外気の空気に触れる事で刺激されます。

すると花粉症で咳の症状が現れる原因となってしまいます。

ちなみに風邪で咳が現れている場合は一週間で治るので、一週間以上続く場合は、内科に診察してもらうのが良く、内科でも血液検査が出来るので、花粉症を調べれます。

また花粉症の咳は痰が出ない事もあり、乾いた感じの咳が特徴的で、肺炎や気管支炎も考えられるので、診察も行いましょう。

スポンサードリンク


咳と熱が現れる理由


花粉症の咳と同時に熱の症状を伴う人がいますが、熱の原因は口や鼻などから体内に花粉が侵入して、花粉を「害のある異物」と人間の免疫が判断します。

この時は風邪などの細菌やウイルスと勘違いして、免疫が働きます。

そして、花粉を退治するために免疫が働く事で体温が上がり、熱の症状を伴う事になり、花粉症の熱は38度を超えるケースは稀で、微熱が続く特徴があります。

咳と熱の症状がある人は、花粉が体内に侵入した可能性が高いです。

実際に咳が出る理由は花粉が喉を刺激する事や気道などに侵入する事が当てはまるため、既に体内に侵入しているため、熱との関係性は非常に大きいでしょう。

花粉症の症状なら熱が先に治り、咳は何週間も続く事は多いです。

咳と頭痛の原因とは


花粉症の症状で咳と頭痛を伴う場合は、鼻詰まりが原因です。

花粉が鼻に侵入するとアレルギー反応で鼻水が出て、花粉を洗い流そうとしますが、ある程度は残るため、鼻の粘膜が炎症を起こしてしまい腫れてしまいます。

その結果、鼻呼吸が出来ずに口呼吸に変わります。

口呼吸だけでは充分な酸素を取り込めず、脳が酸素不足の状態となるため、花粉症の症状で頭痛を伴う原因となり、鼻詰まりで口呼吸に変わる事で、咳も伴います。

やはり外気の空気が喉を刺激して、咳の症状が現れる原因となるのです。

また鼻詰まりで口呼吸になると口から花粉を吸い込んでしまうため、気道に花粉が入る事から、咳の症状を伴うため、頭痛と咳の原因は花粉症の鼻詰まりと言えます。

ちなみに花粉症による頭痛の症状は頭全体が痛くなる感じの痛みです。

花粉症には生姜湯が有効?

咳と同時に熱や頭痛で悩まされている方は、生姜が有効であり、花粉症の症状全般に良いと言える効果があります。

生姜は「ジンゲロール」という成分を含んでおり、咳・熱・頭痛などの症状は花粉症の原因であるアレルギー反応が出る事で、発生しています。

アレルギー反応が出る前にヒスタミンが発生して、症状が現れています。

ヒスタミンは原因物質であり、生姜のジンゲロールはヒスタミンの発生を防ぐ効果があるため、花粉をウイルスなどの害のある物質と勘違いせず正常に対処します。

その結果、免疫が正常に動くため、体温が上がる事はなく熱の症状が現れず、花粉を害のある物質と判断しないため、咳の症状も現れません。

また花粉症による鼻詰まりが頭痛の原因ですが、生姜のジンゲロールが鼻にヒスタミンを発生させないため、花粉を鼻水で洗い流そうとしなくなります。

鼻の粘膜にも炎症が起きないため、花粉症の鼻詰まりも良くなります。

すると脳に酸素が届くようになり、頭痛の症状を治す事に期待が出来て、生姜は体温も上げるため、風邪による熱などもすぐに治せます。

生姜は擦り下ろして摂取するのが良く、生姜小1分まで擦り下ろして、熱湯100㏄を注ぐと完成で、これを毎日2杯飲むと花粉症の症状が良くなります。

また鼻詰まりをすぐに治して、酸素を取り込み頭痛を治したい方は、「迎香」という鼻詰まりを治すツボを押せば治るので、以下の動画を参考にしてください。







以上で花粉症の症状について終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ