花粉症対策の食品!ヨーグルトの効果は免疫力を高める?


花粉症を発症してしまうと鼻水や目の痒みなど不快な症状が現れるため、対策をしたいと考える方が非常に多いと思います。


226726193203426ca6662cdf22bbc046_s


今回は予防に有効な食品であるヨーグルトの効果をお伝えします。


まずは花粉症対策にヨーグルトが有効とされる効果を解説して、次にこの食品の作用を強める方法を説明していきます。

花粉症とヨーグルトの効果


ヨーグルトがなぜ、花粉症対策に有効なのか、それは乳酸菌の効果によるもので、乳酸菌は腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌を減らすようです。

すると腸内に整腸作用が現れ、免疫力が上がり、花粉症対策となります。

またヨーグルトが持つビフィズス菌と乳酸菌は、人間が持っているとされている「Th1」と「Th2」のバランスを整える効果を持つようです。

花粉症はこの免疫細胞Th1・Th2のバランスが崩れる事が原因です。

この免疫細胞が崩れるとアレルギー症状が発症するので、花粉症に繋がるため、このバランスを治してくれるヨーグルトは効果的な食品と言えます。

また花粉症発症に繋がるIgEを抑える効果がヨーグルトにはあります。

またヨーグルトが花粉症対策に良い理由は「ラクトフェリン」という成分が関係しており、この成分は母乳に近い存在で、抗ウイルス・免疫力アップなどの作用があります。

人間の体はアレルゲンが侵入するとT細胞からB細胞に伝わります。

そして、B細胞がアレルゲンに抵抗する抗体を作るのですが、これがアレルゲンと血堂してしまうとヒスタミンという花粉症を引き起こす成分を分泌します。

ヨーグルトが持つラクトフェリンはT細胞の動きを制御する効果があります。

T細胞の動きを抑制するとB細胞に情報が伝達されないため、アレルギー反応である花粉症を不発にする効果があり、ヨーグルトは有効とされています。

スポンサードリンク


ヨーグルトの効果的な食べ方


花粉症対策のためヨーグルトを食品として取り入れようと考えている方は、非常に良い考え方だとは思うのですが、食べ方を考えないと効果を得られる事は出来ません。

実はヨーグルトは2~4週間は食べ続けないと花粉症対策の効果は現れないのです。

これには個人差があるので一概には言えませんが、ヨーグルトを食品として毎日食べる事が重要で、1日200㏄は食べる事をおすすめします。

また花粉症対策のためには、砂糖が入ったヨーグルトは好ましくありません。

砂糖は体を冷やして免疫力を落とす作用があるため、花粉症対策効果を減少させてしまうので、食品として食べる際は、砂糖が入っていない物をおすすめします。

こんな時はヨーグルトにバナナを入れて食べると効果が高くなります。

バナナは「オリゴ糖」という悪玉菌を減らして、免疫力を高める成分を含んでおり、オリゴ糖はヨーグルトのビフィズス菌の効果を高めると判明しています。

そのためバナナとヨーグルトの食品を混ぜて食べると花粉症対策に有効です。

またヨーグルトの「ラクトフェリン」は時間をずらして摂取すると効果が高いと判明しており、出来れば朝・昼・夜の3回に分けて、この食品を食べると良いです。

ちなみに加熱して食べるとラクトフェリンは消滅するので、花粉症対策のために温めて食べるのは辞めましょう。

ヨーグルトを食べ始める時期


花粉症対策のためにヨーグルトを食べても、すぐに効果が現れないため、ロスタイムを考えながらこの食品を食べる事が非常に重要です。

つまり花粉症の時期が来る2~4週間前に食べないと対策が出来ません。

場所によって流行する時期は異なりますが、基本的に1~3月が流行時期となるので、ヨーグルトを12月15日辺りから食べると対策効果を受ける事が出来ます。

この時期を守る事で、花粉症とは無縁の人生を送れるでしょう。

ヨーグルトを毎日食べる事は辛いかもしれませんが、この食品を毎日食べないと効果は発揮されないので、頑張って食べましょう。

以上で花粉症対策効果とヨーグルトについて終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ