花粉症の咳が止まらない夜と子供の危険は肺炎もありえる?


大人の方もやはり睡眠をしっかり取りたいと考えますが、花粉症の咳が止まらない夜はどうしても寝る事が困難となります。


f43edb252c99ae5e25705d6d4fc31261_s


また子供は肺炎などの危険な病気が原因であるケースもあります。


今回は花粉症の咳が夜に止まらない理由を説明して、子供が発症している可能性がある病気なども挙げて特徴をお伝えします。

夜に咳が止まらない理由


夜に花粉症による咳が止まらない理由は、後鼻漏(こうびろう)と鼻詰まりが原因である事が多く、夜は咳の症状が止まらないため、寝る事が出来ない人もいるほどです。

また咳で寝ている最中に起きてしまう悲しい方もいるのです。

夜に花粉症で咳が出る理由の一つである後鼻漏とは、花粉が鼻に侵入した際に花粉を洗い流そうと鼻水が出ますが、その鼻水が溜まると喉の下に落ちるのです。

特に夜の寝る時は頭が仰向けになるので、喉に鼻水が落ちやすいです。

そのため、喉に溜まった鼻水を外に出そうと咳の症状が止まらない状態となり、夜が明け朝になると痰が喉にある人は後鼻漏が原因と考えられます。

特に夜は副交感神経が刺激され、気管や気道が狭くなり、咳が出やすいです。

鼻水が喉に落ちた後は痰になり、花粉症で痰が大量に出来て、気道を塞ぐため、空気の通りが悪くなり、夜は咳の症状が止まらない状態になってしまうのです。

また花粉症では鼻の粘膜に花粉が付着すると炎症を起こして、腫れてしまいます。

すると鼻呼吸が困難となり、口呼吸に変わって、口呼吸で酸素を取り入れるのですが、夜の寝ている際は、無意識的に口で酸素を取り込もうとしています。

室内の外気が喉を刺激して咳の症状が現れ、花粉症の影響で常に口呼吸なため、喉が刺激され続け、夜は咳が止まらない状態になるのです。

また夜には乾いた咳が止まらないという方は、肺炎や咳喘息も原因と考えられるので、何週間も症状が続く場合は、内科に通いましょう。

スポンサードリンク


花粉症による咳と子供の原因


花粉症で咳が続く子供も鼻水が止まらない状態だと鼻呼吸が出来ず、口呼吸になるので、口で呼吸する事から外気の空気が喉を刺激して、止まらない状態になっています。

また口内が乾燥する事で、唾液の分泌量が減る事で、咳が出ています。

そして、花粉症で咳が止まらない時は、鼻水が喉に落ちて、喉の下に溜まり、痰が出来て気道を塞ぐ事から、子供の咳が出る原因となります。

特に痰をよく出す子供は、鼻水による痰が原因であるケースが多いです。

花粉症の症状がよく分からない方は、内科か耳鼻科に診察してもらうのが良く、鼻水が続く子供なら耳鼻科の方がおすすめです。

また子供の咳が止まらない時は、風邪が原因であるケースもあります。

風邪なら一週間程で治る事が多く、花粉症の症状ではなくインフルエンザだとしても熱が治り、2週間も経過すれば良くなるケースが多いです。

特に子供の咳が止まらない時は、肺炎を発症している事もあります。

肺炎は種類があり、5歳未満の子供が発症しやすい病気で、細菌性肺炎なら咳が止まらないのと同時に呼吸困難や食欲減退などの症状が出ます。

そして、マイコプラズマ肺炎は、軽症で済む事が多いです。

ただし、子供の症状で咳だけが止まらない状態が続き、他の症状が治っても咳だけは止まらないので、花粉症による鼻水や目の不調がない場合は、肺炎も考えられます。

咳が止まらない時の治し方


花粉症の症状で夜に咳が止まらない時は、鼻詰まりと鼻水を治せば良い訳ですから、難しい事ではないため、以下の方法を試してください。

夜の咳を止める方法

玉ねぎを寝床に置く
晴明を押す
マスクをして寝る
温かい飲み物を飲む

以上が咳が止まらない時に有効な方法です。

花粉症には玉ねぎの「硝アリル」が有効で、硝化アリルは玉ねぎの匂いに含まれる成分で、血液をサラサラにして、鼻水と鼻詰まりを改善する働きがあります。

匂いを嗅ぐだけで効果があり、夜の寝る時に玉ねぎを切って枕の横に置いて、匂いを嗅ぎながら寝ると朝になったら鼻詰まりが治ったという方は多いです。

そのため、花粉症で咳が止まらない方や子供におすすめです。

そして、子供も大人も咳が止まらない時は「晴明」というツボを押せば鼻詰まりを改善出来て、良くする事が可能で、以下に動画をアップしています。



また夜にマスクをして寝ると喉に外気の空気が直撃しないため、喉への刺激が弱くなる事から、咳が止まらない状態が改善されていきます。

そして、咳の原因である痰は、温かい飲み物を飲むと治せます。

痰は扁桃腺や気道に溜まっており、温かい飲み物を飲むと扁桃腺や気道は開くため、痰が出やすくなり、花粉症で咳が止まらない時はおすすめです。

逆に冷たい飲み物だと気道が縮まるため、痰が出にくくなり、咳が出やすくなるので、控えた方が良いでしょう。

以上で咳が止まらない夜と子供について終わります。

コメントを残す

このページの先頭へ