「花粉症の薬」の記事一覧(2 / 2ページ)

花粉症の薬は副作用でめまいや動悸を伴う?対処法は深呼吸

花粉症の薬は自律神経を乱れさせる抗コリン作用を持ち、めまいや動悸の副作用が出る理由は、抗コリン作用で交換神経が優位になる事でめまいや動悸の副作用が現れ、花粉症の薬の選び方や対処方法を紹介しているので、知りたい人は見てください。

花粉症の薬は副作用で熱と頭痛が出る?交換神経が原因!?

花粉症の薬を服用すると自立神経が乱れる副作用があり、自律神経は体温調節する役割がありますが、これが副作用で乱れる事から熱に繋がり、熱は血管を収縮させるので頭痛の症状も現れるため、花粉症の薬で頭痛などの不調が現れた時の対処法を紹介します。

このページの先頭へ