「2015年11月」の記事一覧(2 / 2ページ)

花粉症の薬は副作用で症状が出る?対処の取り方とは

花粉症の薬には体に副作用を起こす成分を含んでおり、症状が出た時は体重増加・肌荒れ・めまい・眠気など様々な症状が現れ、花粉症の薬で副作用を出さないためにも対処する事が大切なので、おすすめの対策方法を紹介します。

花粉症の薬で眠気や喉が渇く時の対策は意外と簡単?

花粉症の時期には薬を飲む方が多いですが、花粉症の薬を服用すると眠気や喉が渇くといった症状が現れ、眠気が現れた時の対策は晴明というツボを押すのが効果的で、喉が渇く時は空気を湿気させると対策になるので、下記の記事で確認してみましょう。

花粉症の薬は副作用で便秘と吐き気を伴う?腸内整腸の方法

花粉症を改善させるための薬でも、薬を服用した際に副作用が出て、便秘や吐き気が現れる事があり、便秘は抗コリン作用で副交感神経の刺激が無くなるのが原因で、吐き気の副作用も自律神経の乱れが原因のため、腸内整腸で改善する方法を紹介します。

花粉症の薬は副作用でめまいや動悸を伴う?対処法は深呼吸

花粉症の薬は自律神経を乱れさせる抗コリン作用を持ち、めまいや動悸の副作用が出る理由は、抗コリン作用で交換神経が優位になる事でめまいや動悸の副作用が現れ、花粉症の薬の選び方や対処方法を紹介しているので、知りたい人は見てください。

花粉症の薬は副作用で熱と頭痛が出る?交換神経が原因!?

花粉症の薬を服用すると自立神経が乱れる副作用があり、自律神経は体温調節する役割がありますが、これが副作用で乱れる事から熱に繋がり、熱は血管を収縮させるので頭痛の症状も現れるため、花粉症の薬で頭痛などの不調が現れた時の対処法を紹介します。

花粉症の症状で頭痛や微熱でだるい!卵酒を飲むと良い?

花粉症の影響で鼻詰まりになると頭痛や体がだるいとった症状が現れ、花粉症の症状で頭痛が酷い時は音や光などの刺激を避けて、微熱で体がだるい事もあり、微熱などの体調不良を治す方法を紹介しているので、治したい方は以下の記事を見てください。

花粉症の症状で咳と熱や頭痛!生姜湯が発症を抑える?

花粉症は咳が続くため不快な思いをしますが、熱や頭痛の症状も同時に現れる事も多く、花粉症で熱が現れた際は体内でアレルギー反応を起こしたのが原因と考えられ、花粉症の症状で咳と頭痛が続く時は鼻詰まりが原因なので生姜湯を飲みましょう。

花粉症の症状で頭痛と吐き気やめまい!蒸しタオルが効く?

花粉症による頭痛の症状が続く時は、吐き気やめまいも現れる事が多く、花粉症で頭痛やめまいがある時は鼻詰まりを改善するツボである「迎香」を押すのが良く、今回は動画で公開しており、吐き気の対処法も紹介しているので、知りたい人は見てください。

花粉症の症状は目だけ出る?対策にはトマトジュース! 

花粉症を発症したけど目だけに症状が出たという人は、なぜ他の体の部位には変化が現れないのか、疑問に思うと思います・・・

花粉症の症状で目の腫れが浮腫に変わる?冷やすと治せる!

花粉症で目の症状が出た時は痒くなり、擦ってしまうと目の腫れや浮腫が出来る事が多く、花粉症の腫れや浮腫が出来た時は保冷剤などで冷やすと症状が和らぎ、他にも有効なツボなどがあるので、気になる方は以下の記事を見てください。

このページの先頭へ