「危険な副作用」タグの記事一覧

恐ろしい事に花粉症の薬は抗コリン作用という効果で、危険な副作用を伴う事があり、危険な副作用とは主に味覚障害・眠気・倦怠感・肌荒れ・口内炎・太る・頭痛・むくみなどの症状を伴い、花粉症の薬でこれらの危険な副作用が出る事は多いので、花粉症の薬で症状が出た時の対処方法を以下の記事に紹介しました。

花粉症の薬は副作用で眠気や倦怠感が出る?対策方法とは

花粉症の症状で眠気や倦怠感で体がだるいと感じる事は多いですが、花粉症の薬を服用した時の副作用で現れる事があり、これは抗ヒスタミンで中核神経を刺激され睡眠や倦怠感の副作用が現れ、薬で体がだるいと感じた時の対策方法を紹介したので、対策を知りたい人は見てください。

花粉症の薬は副作用で太る?体重増加の目安とは

女性の方は太る事を非常に嫌がりますが、花粉症の薬には体重増加の副作用があると報告されており、実際にどれくらい太るのかは下記の記事に紹介しており、花粉症の薬による副作用で食欲が上がり、体重を増加させたくない方は、是非とも見てください。

花粉症の薬は副作用で肌荒れから湿疹と発疹を作る?

花粉症の薬で突然の肌荒れだけでなく湿疹や発疹などの副作用が現れる事があり、肌荒れやかゆみを伴う理由は花粉症の薬で交感神経が優位になり、血管が収縮するのが原因で、湿疹や発疹などの副作用は皮脂の過剰分泌が原因なので、治し方を紹介します。

花粉症の薬は副作用で下痢や胃痛が現れる?治療方法とは

花粉症を治療するための薬のはずなのに下痢や胃痛の副作用が現れたという方は多く、花粉症の薬で下痢が出た時は刺激物を避けるのが良く、副作用の胃痛などを治す方法を紹介しているので、腸内を綺麗にして苦痛から解放されたい人は見てください。

花粉症の薬は副作用で味覚が変わる?唾液の減少が原因

花粉症の症状を良くするのが薬の役割ですが、花粉症の薬を服用すると副作用で味覚障害を訴える方は多く、味覚が変化する理由は抗コリン作用で唾液の分泌量が下がる事が原因ですが、病気の可能性もあるので、対処方法を紹介します。

花粉症の薬は副作用で肝臓とむくみが悪化する?

花粉症の薬は副交感神経を抑えて交感神経が優位になるので、緊張状態で血流が悪くなる事から肝臓に負担が掛かる副作用があり、アルブミンの分泌も減少するので、むくみの副作用に繋がり、花粉症の薬でむくみと肝臓の悪化を治す方法を紹介しました。

花粉症の薬は副作用で口渇して咳や口内炎に繋がる?

花粉症を改善するために薬を服用したにも関わらず、花粉症の薬による副作用で口渇の症状が現れ、咳や口内炎に繋がる事があり、口渇の副作用が現れると唾液の分泌量が低下する事から咳や口内炎に繋がるので、症状を良くする方法を紹介します。

花粉症の薬は副作用で症状が出る?対処の取り方とは

花粉症の薬には体に副作用を起こす成分を含んでおり、症状が出た時は体重増加・肌荒れ・めまい・眠気など様々な症状が現れ、花粉症の薬で副作用を出さないためにも対処する事が大切なので、おすすめの対策方法を紹介します。

花粉症の薬は副作用で便秘と吐き気を伴う?腸内整腸の方法

花粉症を改善させるための薬でも、薬を服用した際に副作用が出て、便秘や吐き気が現れる事があり、便秘は抗コリン作用で副交感神経の刺激が無くなるのが原因で、吐き気の副作用も自律神経の乱れが原因のため、腸内整腸で改善する方法を紹介します。

花粉症の薬は副作用でめまいや動悸を伴う?対処法は深呼吸

花粉症の薬は自律神経を乱れさせる抗コリン作用を持ち、めまいや動悸の副作用が出る理由は、抗コリン作用で交換神経が優位になる事でめまいや動悸の副作用が現れ、花粉症の薬の選び方や対処方法を紹介しているので、知りたい人は見てください。

このページの先頭へ